普段からみなさんが使っているコスメは、いつも同じ使い方をしている人が多いと思います。しかし、コスメの使い方をちょっと工夫するだけで、美容がさらに楽しくなることもあります。

今回は、元美容部員の筆者が、現役時代にこっそりおすすめしていた美容の裏技を大公開します!

(1)「スクラブ洗顔料×クレンジングオイル」で毛穴レスな肌に

「スクラブ洗顔料×クレンジングオイル」で毛穴レスな肌に

角質ケアに使うスクラブ洗顔料に、クレンジングオイルをプラスすると、肌に対する物理的刺激が抑えられるほか、毛穴汚れが落ちやすくなります。

ただし、使い方や配合バランスによっては肌が乾燥しやすくなったり、余計に傷ついてしまったりするので注意が必要です。ポイントは、クレンジングオイルとスクラブ洗顔料を1:1の割合で使用することです。

また、毛穴汚れや角質が気になる部分にだけなじませ、30秒程度で洗い流すことも大切です。肌になじませる際は、手に力が入りすぎないようにしましょう。

(2)「コンシーラー重ね」でリップが落ちにくくなる

「コンシーラー重ね」でリップが落ちにくくなる

「リップカラーの発色をとにかくキープしたい」という人は、コンシーラーをプラスすることをおすすめします。

まず、何も塗っていない状態(もしくはリップクリーム塗布後)の唇に、コンシーラーを薄く伸ばし色素を落ち着かせます。その後、リップカラー→コンシーラー→リップカラーとそれぞれ2回ずつ唇に塗り、ミルフィーユのように重ねていくだけで完成です。

唇の色素をコンシーラーで抑えることで、リップカラー本来の色味が綺麗に発色しますし、なにより落ちにくくなります。しかし、敏感肌の人にとっては刺激になる場合もあるので、様子をみながら試すことをおすすめします。

(3)「化粧直しの日焼け止めミスト」で夏の保湿ケア・UVケアが完了

「化粧直しの日焼け止めミスト」で夏の保湿ケア・UVケアが完了

汗をかくと、せっかくの日焼け止めも落ちてしまいますね。しかし、化粧直しで日焼け止めをまた塗り直すことも大変ですし、なによりメイクが崩れてしまうのはさけたいものです。

そんな時に便利なのが、ミストタイプの日焼け止めです。ミストタイプの日焼け止めは、手を汚さずに日焼け止めを塗り直せるメリットがありますし、保湿成分を多く含んでいるタイプを使えば乾燥肌対策にもなります。

また、ミストで水分を補うことで、ファンデーションがなじみやすくなるのでとても便利です。スプレー缶タイプではなく、携帯できるサイズのボトルタイプがおすすめです。

手持ちのアイテムの使い方を少し工夫するだけの裏ワザ美容法を、ぜひお試しください。

(コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻
日本化粧品検定1級保有。美容部員の経験を生かし美容ライターに転身。コスメのみならず、食生活や生活習慣を含めた美容に役立つ情報を発信中。)

【関連記事】
・シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
・たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
・お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
・老け見えストップ!表情筋を鍛える「顔ヨガ」2つ