「ちゃんとメイクしているのに、すっぴんに見られる」という経験はありませんか? この場合に共通していることが、メイクアップの「漏れ」です。

これまで多くの女性を指導してきたメイクアップアーティストの筆者が、毎日のメイクの効果を引き出す、外せないポイントを3つご紹介します。

■毎日のメイクでありがちなNGポイント3つ

(1)目周りにファンデーションがついていない

目の周りは、皮膚が薄く色ムラも出やすい箇所です。上下ともに、まつげの際までファンデーションを付けましょう。この時、隠したいものがない場合には、厚く塗る必要はありません。

目周りのファンデーションの付け方

上まぶた:まつげの生え際、目頭、目尻のふちまでつけ、フェイスパウダーで押さえましょう。
下まぶた:あごを引いて上目遣いで鏡を見ると、皮膚が張り、まつげの際まで付けやすくなります。

(2)アイラインは目尻しか入れていない

まつげの上側、目尻だけに入れたアイラインは、目力アップ不足です。まつげが生えている根元に入れましょう。この時、目頭の始まりまでしっかり入っていると、メリハリのある印象になります。

アイラインの描き方

片手でまぶたを引き上げるようにし、まつげの下側から入れましょう。リキッドアイライナーなら、力を加えずに簡単にラインを入れることができます。

毛の根元を埋めていくように描けば、目力アップが期待できます。そのあとに、お好みでまつげの上側や目尻のアイラインを加えましょう。

(3)フェイスパウダーを使っていない

素肌感のあるベースが人気ではありますが、顔全体にツヤがあると、本当の素肌のように見えてしまいます。大人のツヤ肌は、頬や目元で演出しましょう。

フェイスパウダーの使い方

Tゾーンや小鼻にはフェイスパウダーを使い、さらっと品良く仕上げます。特に、この場所はキメも粗くなりやすいので、フェイスパウダーによってきめ細かに見せ、肌全体を美しく見せましょう。

効果的なポイントを押さえて「すっぴん?」なんていわせない、ワンランク上のナチュラルビューティを目指してはいかがでしょうか。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士 上野リサ
大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストとして活動後、幅広いジャンルで「顔創り」に取り組む。顔を起点とした”善い美容習慣の定着”を目指す「face conductor」というジャンルを開拓。)

【関連記事】
・発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
・斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
・メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
・美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選