視覚効果で鼻が高く見え、簡単な方法でほうれい線が薄くなるとしたら、試してみたいと思いますよね。

顔ヨガインストラクターの筆者が激推しする、口の中からのマッサージ法と顔つぼ美顔器を使ったセルフケアをご紹介します。

■ほうれい線と鼻の高さの関係性とは?

鼻横のお肉のボリュームを気にしたことはありますか?

鼻横のお肉のボリュームを気にしたことはありますか? ここのボリュームを少なくすると鼻が高く見え、たるみが無くなれば、ほうれい線も解消されます。

頬のお肉のボリュームがある状態のシミュレーションがこちらです

横顔で比べてみましょう。頬のお肉のボリュームがある状態のシミュレーションがこちらです。

ほうれい線ができて、鼻が埋もれて見えてしまいますね。視覚効果で鼻を高く見せ、横顔美人を目指しましょう。

■口の中のマッサージでほうれい線をケアする方法

口の中からだと、お肌をいためずにマッサージができます。

頬とは反対側(右頬には左指)の親指を口の中に入れて、ほうれい線に沿って細かく筋肉を揺らすようにマッサージしてください。2センチほどの円を描くようにすると良いでしょう

頬とは反対側(右頬には左指)の親指を口の中に入れて、ほうれい線に沿って細かく筋肉を揺らすようにマッサージしてください。2センチほどの円を描くようにすると良いでしょう。

ほうれい線と口角が交わるポイント(えくぼの辺り)は、顔の筋肉の集まるポイントです。ここは念入りに行ってください。片側1分ほどマッサージをすると、左右で顔の軽さが違って感じますよ。

シャワーを浴びるタイミングや、歯磨きついでに行うのがおすすめです。爪は短くして、清潔な状態で行ってくださいね。

■美顔器で鼻筋を高く見せる方法

顔つぼ専用の器具を使った方法をご紹介します。ステンレスでできたピンはバネ式になっており、どなたが使っても適切な圧で押せます。

押し方のコツは、ピンをお肌に押し当てたら2秒ほど呼吸をすることです。

ほうれい線撃退ゾーンを押して鼻を高く見せる

鼻の横のエリアを満遍なく押します。ほうれい線の上は、1センチ刻みくらいの間隔で押しましょう

鼻の横のエリアを満遍なく押します。ほうれい線の上は、1センチ刻みくらいの間隔で押しましょう。

片側を押した後に左右のお肉のボリューム感を比べると、変化を感じられますよ。

小鼻のハリを小さくして、細くきれいな鼻筋にする

小鼻のハリを押すことで、硬くなっている部分をほぐすことができます

小鼻のハリを押すことで、硬くなっている部分をほぐすことができます。あぐらをかいた小鼻をスッキリさせることで、鼻が高く見える視覚効果があります。

老廃物は毎日たまるものです。こまめなケアでとりのぞき、スッキリ若々しい印象にしていきましょう。

(顔ヨガインストラクター 千葉ゆか

漫画家/イラストレーターを経てヨガインストラクターに転身。高津文子式フェイシャルヨガインストラクター。二児の母。子連れOKなヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。名古屋を中心に、全国でワークショプを展開中。)

【関連記事】
・カバー力抜群!透明感キープに◎な「シミ隠しテクニック」
・老け見えシワの元!「目元の乾燥」が加速するNG習慣4つ
・「首のシワ」を予防!今すぐ始めたい「首シワ対策」3つ
・たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ