冬物のセールもひと段落して、店頭には春物が並び始めました。まずは、メイクから春をとり入れていきましょう。

メイクアップアーティストの筆者が、今からとり入れたい春のトレンドメイクのポイントをご提案いたします。

■脱!濃いめ赤リップ

しばらくつづいていた「赤系の濃いリップカラー」は、春からは少しお休みしましょう。

春本番にはベージュピンクなどのヌーディカラーに移行したいのですが、まだ冬の装いが残る今の季節には、フレッシュなオレンジをとり入れましょう。ダークカラーのファッションでもバランスがとりやすく、便利なカラーです。

■顔の膨張やぼやけ防止は、チークの2段構え

リップカラーに合わせて、明るいオレンジやピンクのチークをサラッと頬の高いところに入れましょう。

ここで注意したいのが、顔の膨張です。今までは濃い色のリップで顔のメリハリがしっかりついていたので、いきなり淡いメイクになると顔がぼやけて見える可能性が大です。

明るい色のチークと一緒に、頬骨のラインやフェイスライン全体にシャドーカラーを忍ばせましょう。眉下や鼻筋にもかすかに入れると効果的です。

ただし、入れすぎは春の軽やかさを邪魔しますので気をつけましょう。

■影色は控えたナチュラルトーンのアイメイク

影色は控えたナチュラルトーンのアイメイク

リップとチークでフレッシュな印象に仕上げたら、アイメイクも濃い色は控えめに仕上げましょう。手持ちのブラウンやベージュ系のアイシャドーパレットがあれば、あえて1番濃い色を入れずにまとめます。

目の際に細くアイラインを入れ、毛の繊細な流れが際立つロングラッシュタイプのマスカラで、すっきりとした目元を目指しましょう。

暦の上では春といえども、まだまだ寒い2月は冬の装いです。メイクで春をとり入れて、上手に季節感を楽しみたいものですね。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士 上野リサ
大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストとして活動後、幅広いジャンルで「顔創り」に取り組む。顔を起点とした”善い美容習慣の定着”を目指す「face conductor」というジャンルを開拓。)

【関連記事】
・石鹸で落とせる!秋冬におすすめの「アイシャドウ」3選
・すっぴん美肌を偽装!?プロが教える、ファンデの使い分け術
・美容家もヘビロテ!マルチに使える「プチプラコスメ」2選
・メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番