乾燥シーズン真っ只中で、肌がガサガサしてメイクのりも悪いという方は多いと思います。化粧水選び一つで、日中のカサつきやテカリから解放されるかもしれません。

日中のカサカサ肌から解放!?乾燥くすみケアができる化粧水

メイクアップアーティストの筆者が、気になる肌状態に合わせた化粧水をご紹介します。

■「肌状態に合わせたおすすめの化粧水」3選

(1)ナチュリーホワイト 薬用エッセンスローション/CALEIDO ET BICE

ナチュリーホワイト 薬用エッセンスローション/CALEIDO ET BICE

乾燥の季節に肌のエイジングを感じたら、お手入れの見直しが必要かもしれません。保湿だけでは間に合わないという肌には、成分にもこだわることをおすすめします。

こちらのアイテムは、「ビタミンC誘導体」や「トラネキサム酸」を配合した医薬部外品の美白化粧水です。美白だけではなく、「アーティチョークエキス」や「アーモンドエキス」が配合されているので、透明感とハリのある肌に導いてくれます。

とろみのあるテクスチャーで肌表面を包み込むので、満足感のあるうるおいを得られます。
(120ml 税込価格5,000円)

(2)クリアリファイナーt/アユーラ

クリアリファイナーt/アユーラ

肌の乾燥やくすみ、化粧水の浸透率が悪いといったお悩みの方は、角質ケアをとり入れましょう。

肌には本来、古くなった角質が自然に剥がれ落ちる働きがありますが、疲れや外的ダメージなどによって肌の働きが低下すると肌表面に角質が留まり、ごわつきやくすみの原因につながることがあります。

こちらのアイテムは、古い角質をやさしくとり除いて肌のリズムを整え、次に使う美容液などの浸透を高めてくれます。化粧水を含ませたコットンで肌表面をやさしくなでるように拭きとると、つるんとなめらかで柔らかい肌に仕上がります。
(2月28日発売予定 200ml 税抜価格4,500円)

(3)すっぴん化粧水 ナチュラル/クラブ

すっぴん化粧水 ナチュラル/クラブ

乾燥対策のために「化粧水をバシャバシャと使いたい!」という方におすすめなのが、こちらのアイテムです。500mlと大容量なので、重ねづけからコットンを使ったローションパック、さらにはボディ用にも使うことができます。

サラッとした使用感ですが、なじませた後の肌にはしっとりとしたうるおいを感じることができます。季節を問わず置いておきたい便利な逸品です。

パラベン、アルコール、香料などがフリー処方となっており、シンプルに保湿をしたい時に肌質を問わずおすすめです。
(2月18日発売予定 全2種 500ml 税抜価格700円)

いかがでしたか? 気になる悩みや肌表面の状態によって、化粧水を使った時の実感が異なります。スキンケアに物足りなさを感じたら、違うタイプの化粧水を試すことも一つの手かもしれません。冬老けしないためには、毎日の肌状態を感じながら、変化に素早く対応するお手入れを心がけましょう。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士認定講師 上野リサ
大手化粧品メーカーでメイクアップアーティストとして活動後、幅広いジャンルで「顔創り」に取り組む。顔を起点とした”善い美容習慣の定着”を目指す「face conductor」というジャンルを開拓。)

【関連記事】
・見直すなら今!乾燥を招く「やってはいけないNGスキンケア」
・潤いそのままに汚れをオフする「クレンジングバーム」3選
・ゴワついたお尻は下着が原因!?つるつるヒップに導くケア
・すすぎ30回で毛穴が目立たなく?たるみ毛穴を改善する洗顔法

【参考】
※ナチュリーホワイト 薬用エッセンスローション – CALEIDO ET BICE
※アユーラ
※クラブ