健康や美容に役立つとされる飲みものはいろいろありますが、みなさん、どのような飲みものを選んでいますか? 飲みものは毎日必ず飲むものですから、身体にやさしいものを選びたいものです。とくに、紫外線が強くなるこれからの季節は、抗酸化力の強い飲みものを飲んで、お肌を紫外線から守りましょう!

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、美肌づくりに欠かせない身近な飲みものを3つご紹介します。

■紫外線に負けない!美肌づくりに欠かせない飲みもの3つ

(1)コーヒー

紫外線に負けない!美肌づくりに欠かせない飲みもの3つ (1)コーヒー

美容や健康に良いとも悪いともいわれるコーヒーですが、コーヒーに含まれるクロロゲン酸やカフェ酸などのポリフェノールには、強い抗酸化力があります。コーヒーを日常的に飲む人のほうが、お肌の水分量が多くシミも少ないという調査結果もある、美肌ドリンクです。

ただし、これはコーヒー豆に含まれるコーヒーポリフェノールの効果ですから、コーヒー飲料ではなく、コーヒー豆から抽出したコーヒーを選び、砂糖やコーヒーフレッシュのようなものはできるだけ避けてコーヒーを飲みましょう。

(2)ルイボスティー

紫外線に負けない!美肌づくりに欠かせない飲みもの3つ (2)ルイボスティー

アフリカで栽培されているルイボスティー。現地では、古くから薬効のあるお茶として飲まれています。抗酸化力が強いだけでなく、ミネラルも豊富なので、日ごろから外食が多く栄養バランスが気になる方にもおすすめです。

また、カフェインが含まれていないため、お子様からお年寄りまで幅広く安心して飲むことができるお茶です。「私だけのために」ではなく、家族全員の健康を考える方にも選んでいただきたいお茶です。

お湯を注ぐだけでも抽出することはできますが、煮だしたほうがルイボスの葉に含まれる成分がより抽出されます。ルイボスティーを作るときには煮だして作りましょう!

(3)緑茶

紫外線に負けない!美肌づくりに欠かせない飲みもの3つ (3)緑茶

緑茶に含まれる茶カテキンには、さまざまな健康効果が期待されています。また、緑茶はカテキンだけでなくビタミンCも豊富な飲みものです。カテキンの抗酸化力で活性酸素から細胞を守り、ビタミンCの働きでお肌の健康を守る美肌ドリンクです。

また、茶カテキンには、体内にすでに蓄積された脂肪をエネルギーとして消費することを促して、体脂肪を抑える働きも期待できるそうですから、お肌だけでなくダイエットが気になる方にも◎。

ポリフェノールは、水溶性のものが多いため、身体に蓄積される量は限られています。ポリフェノールが豊富な身近な飲みものをこまめに飲んで、紫外線からお肌を守りたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
・腸からヤセ体質に!置き換えるべき「腸が喜ぶ主食」とは?
・40代からの腸活に◎!「毎日食べたいフルーツ」3つ
・切り干し大根で腸活!そのまま漬けるだけ作り置きレシピ
・太りにくく疲れにくい体に?注目のMCTオイルのメリット3つ

【参考】
※コーヒーポリフェノールの摂取による乾燥肌およびストレス症状への効果 – 日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会
※紫外線対策には、コーヒーが効く? – 全日本コーヒー協会
※ルイボスティ(PDF) – 日本SOD研究会
※茶カテキンによる体脂肪軽減メカニズム – 花王