まとめ髪をした時に、ゴム部分を隠すだけでオシャレ度がアップします。ヘアメイクや美容師のプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、ピン1本でできるゴム隠しのやり方をご紹介します。

隠すだけでオシャレ度UP!ピン1本でできるゴム隠しの方法

■ピン1本でできるゴム隠しのやり方

ゴムで結んだ後に毛束を1センチ束だけすくいとり、その毛束でゴムを隠すように巻きつけていきます。最初に毛束をすくった場所が盛り上がることもあるので、できるだけ端やゴムの裏側などの目立たない場所をすくうことがおすすめです

ゴムで髪を結んだら1センチほど毛束をすくいとり、その毛束でゴムを隠すように巻きつけていきます。最初に毛束をすくった場所が盛り上がることもあるので、できるだけ端やゴムの裏側などの目立たない場所からすくうようにしましょう。

巻きつけた毛束が短くなったら最後にピンを留めて完成なのですが、このピンの留め方が2通りあります。やりやすい方で試してみてください。

(1)毛先部分をピンで留めるやり方

毛束をゴムに巻きつけ終わったら、巻きつけた毛束が解けないように指で押さえながら毛先部分をピンで留めていきます。

ピンを閉じた状態で端が短い部分を下にし、ゴムに巻き付けた毛束の表面と毛先を合わせてピンですくいます。地肌に対してピンが垂直になるように押し込んでいきます

(1)ピンを閉じた状態で端が短い部分を下にし、ゴムに巻きつけた毛束の表面と毛先を合わせてピンですくいます。地肌に対してピンが垂直になるように押し込んでいきます。

この時、毛束の表面をたくさんすくいすぎると、ピンが開きすぎて留めづらくなるので、ピンが閉じている状態と変わらない程度の量をすくいましょう。

地肌に対して垂直にピンを押し込んで、地肌にピンがあったらピンを寝かして地肌と平行になるようにします

(2)地肌に対して垂直にピンを押し込んで、地肌にピンがあたったらピンを寝かして、地肌と平行になるようにします。

ピンを寝かした状態のまま、ゴム付近で留めます。この時、地肌にピンがあたっているのを感じながらピンをすべらせると、しっかりと留まりやすくなります。

(2)ピンに巻きつけて留めるやり方

ゴムに巻きつけた毛束が4センチくらいの短さになったら、ピンの先に巻きつけていきます。巻きつける時はピンの長い部分に巻きつけた方がやりやすいです

(1)ゴムに巻きつけた毛束が4センチくらいの短さになったら、ピンの先に巻きつけていきます。巻きつける時はピンの長い部分に巻きつけた方がやりやすいです。

毛先をピンに巻きつけたら、ピンを閉じた状態のままゴム付近に差し込みます

(2)毛先をピンに巻きつけたら、ピンを閉じた状態のままゴム付近に差し込みます。

ゴムを隠すだけで、細かい部分までおしゃれに気を使っているように見えます。今回ご紹介したやり方に慣れると、ヘアアクセサリーがなくてもゴムを隠せますので、ぜひ試してみてください。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者 mayu3)

【関連記事】
・美人度は髪で決まる?マスク美人になれる好感度◎な髪型
・誰でもお洒落に仕上がる!「簡単こなれ一つ結び」全プロセス
・その白髪ホントに歳のせい?チェックポイント5つ&NGケア
・一つに結ぶだけでこなれヘア!5分で完成するお洒落アレンジ