マスクが手放せない毎日が続いていますが、ふと鏡を見たときや写真で見たときに自分が老けて見え、ショックを受けたことはありませんか? マスクをつけていると頬や口元が隠れるため、出ている部分に視線が集中しやすいものです。

特に目元は疲れが出やすいため、老け見えにつながっているかもしれません。

コスメコンシェルジュの筆者が、顔の上半分をフレッシュな印象にするメイクを、おすすめアイテムとともにご紹介します。

■顔の上半分をフレッシュな印象にするメイク

ベースメイク

クリエイティブコンシーラーe/イプサ

クリエイティブコンシーラーe/イプサ

マスクから出ている「目元」と「おでこ」は、シミやシワなどが目立つ部分です。ファンデーションを塗って隠したくなる気持ちもわかりますが、厚塗りをすると余計に老けて見えます。

シミは二色のコンシーラーを使って隠していきましょう。まず、肌よりも濃い色のコンシーラー(C)でシミを隠した後に、肌と同じ、もしくは少し明るい色(B)のコンシーラーで、シミと肌の境をぼかします。
(4.5g SPF25 PA+++ 税抜価格3,500円)

ドラマティックパウダリー UV/マキアージュ

ドラマティックパウダリー UV/マキアージュ

シワにはツヤのある下地を使い、光の反射効果でシワの線をカモフラージュしましょう。

ファンデーションの量は、ほんの少しで十分です。ヘルシーな雰囲気に仕上がり、若見えを叶えますよ。
(全7色 SPF25 PA+++ ノープリントプライス)

クマ隠し

目とマスクの間に見え隠れするクマがあると、一気にお疲れ顔に見えてしまいます。クマを隠すようにマスクを引き上げると、手元が見えにくくなって危ないだけではなく、ほんとうに具合が悪そうな人に見えてしまいます。

目元とマスクの間は、指一本分開けると、良いバランスになります。

クリエイティブコンシーラーe/イプサ

クマも、先ほどのコンシーラーを使って隠します。

青クマならオレンジ系(B)、黒クマにはベージュ系(C)、茶クマはイエロー系(A)のコンシーラーを使いましょう。

アイメイク&アイブロウ

「色素薄い系」のメイクが流行っているので、抜け感が感じられないメイクは老け見えの原因になっているかもしれないです。

マスクをしているとメイクの主役は目と眉毛になりますが、どちらも濃くすると一昔前の顔になってしまいます。

「色素薄い系」のメイクが流行っているので、抜け感が感じられないメイクは、老け見えの原因になっているかもしれません。

アイメイク&アイブロウ

クラッシュダイヤモンドアイズ RD-1/ケイト

画像左のアイシャドウを使います。

レッドで上まぶたと下まぶたの目尻を塗り、ゴールドは涙袋に沿って入れると、華やかな印象を与えられます。
(全10種 2.2g ノープリントプライス)

リキッドアイブロウ ナチュラルブラウン/&be

カラーアイテムを使って目元を明るく見せたら、画像下のアイブロウを使って、眉毛のアウトラインをしっかりとってハッキリ描きましょう。

「ブラウンのアイシャドウを使ってメリハリを出した日は、眉毛は明るめの色で描いてふんわりとさせる」など、トータルバランスを見て決めましょう。
(全2色 税抜価格1,400円)

ナチュラル チークN ピーチピンク/セザンヌ

画像右のチークを普段より高めの位置に入れると、マスクから少しだけ見えてナチュラルなアクセントになります。
(全15色 税抜価格360円)

見えている部分が限られるマスクメイクは、簡単なようでむずかしくもあります。今までのメイク方法を見直す良い機会かもしれませんね。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛 登志子)

【関連記事】
・女優・石田ゆり子さんのみずみずしい透明感メイクの秘訣4つ
・整形並みの若見え効果?老け印象を払拭!「人中短縮メイク」
・マスクをしても外してもキレイ!withマスク時代のメイクテク
・たるみのない上向き印象が鍵!エビちゃん風メイクのコツ

【参考】
※クリエイティブコンシーラーe – イプサ
※ドラマティックパウダリー UV – マキアージュ
※クラッシュダイヤモンドアイズ RD-1 – ケイト
※リキッドアイブロウ – &be
※ナチュラル チークN – セザンヌ