普段、何気なく水分補給をしていると思います。ですが、その飲み物によって脂肪燃焼や冷え改善に役立つもの、キレイや健康にプラスの影響を与えるものなどがあります。

ベジ活アドバイザーの筆者が、目的別におすすめの飲み物を3つご紹介します。コンビニやスーパーで手軽に購入できますよ。飲み物を選ぶ時のご参考していただければ嬉しいです。

■脂肪燃焼には「ウーロン茶」

筑波大学が、ウーロン茶に関するユニークな研究結果を発表しました。ウーロン茶やカフェイン飲料を朝と昼に飲むと、1日の脂肪燃焼が促進されるという内容です。

また、睡眠時の脂肪燃焼を促す働きは、カフェイン飲料よりもウーロン茶の方が大きいものでした。ウーロン茶の脂肪燃焼を促す働きは、⽇中よりも睡眠時により顕著にあらわれるようです。

日中にウーロン茶を飲むことで、寝ている時の脂肪燃焼に関わるなんておどろきですね。ダイエット中の人は、ウーロン茶を飲んでみることも1つの手かもしれません。

■冷え改善には「ホットココア」

男性は4割、女性はなんと8割が冷えで悩んでいるというデータがあるほど、多くの人が悩む「冷え問題」。そんな冷え改善におすすめしたい飲み物が「ホットココア」です。

ホットココア・お湯・ホットコーヒー・緑茶の4つを飲んだ後の体表面温度を測定したデータによると、ホットココアは他の飲み物よりも体表面温度が高く、時間の経過があっても高い温度を維持していました。ショウガ飲料とココアの体表面温度の比較では、摂取直後の体表面温度ではショウガ飲料に負けるものの、60分後はホットココアの方が体表面温度が高い結果となっています。

冷えにお悩みの人は、ホットコーヒーよりもホットココアを選ぶと良いかもしれませんね。

■毎日の健康管理には「緑茶」

緑茶には、紅茶やウーロン茶にはあまり含まれていない「ビタミンC」が多く含まれています。ビタミンCは免疫力強化に役立つ他、美肌作りにも欠かすことができない栄養素です。

緑茶に含まれる抗菌作用は細菌やウイルスから身体を守り、感染症対策に役立つと考えられている「カテキン」も豊富に含まれています。健康や美容のために飲みたい飲み物の1つですね。

同じ緑茶の茶葉にお湯を注いでいくと、3回目にはビタミンなどの成分がなくなってしまうそうなので気をつけてください。

飲み物によって期待できる働きもさまざまですね。水分補給は毎日行うものですが、時には目的別に選んでみても楽しいかもしれませんね。

(ベジ活アドバイザー 生井 理恵)

【関連記事】
・白菜で身体スッキリ!デトックス野菜・白菜の大量消費レシピ
・コーヒーが美容ドリンクに!?ちょい足ししたいスパイス4つ
・一見ヘルシー”でも実は「太りやすい食べもの」4つ
・冬ダイエットを成功に導く!代謝UPに役立つ冬の食材3つ

【参考】
※ウーロン茶を飲むと「脂肪燃焼」が促される 肥満の抑制効果を期待 カフェイン以外が作用か – 保健指導リソースガイド
※冷え性のあなたもココアで心も身体もあったまる? – 森永製菓
※緑茶はからだにいい – タイヘイ
※カテキン – わかさ生活