コロナウイルスの影響で家で仕事をするようになった方や、家でテレビや動画を見たりする「stay homeスタイル」が多くなりました。オフィスでの環境に比べて、リモートワークはテーブルやイスが仕事用ではない場合もありますよね。

また、家にいるとどうしてもダラダラとしてしまいがちです。気がついたら、だらしない姿勢になってはいませんか?

フィットネス美トレーナーの筆者が、家やオフィスでイスに座っている時に気をつけたい姿勢のポイントと簡単にできるエクササイズを紹介します。動画を見ながら一緒に行ってみましょう!

■正しい座り姿勢

お家やオフィスでイスに座っている時、おそらく皆さんは写真のように、背中や腰が丸くなっている方が多いと思います。背中や腰を丸くしてイスに座っていると、肩こりや首への負担だけではなく下腹もポッコリしやすくなってしまいます

お家やオフィスでイスに座っている時、おそらく皆さんは写真のように、背中や腰が丸くなっている方が多いと思います。背中や腰を丸くしてイスに座っていると、肩こりや首への負担だけではなく下腹もポッコリしやすくなってしまいます。

では、どのように座ったら良いのでしょうか? こちらの写真のように、背筋を伸ばして骨盤を立てて座ることを心がけてみましょう

では、どのように座ったら良いのでしょうか? こちらの写真のように、背筋を伸ばして骨盤を立てて座ることを心がけてみましょう。イスと背中の間にクッションを置いてもかまいません。

そして、その状態からおへそを背骨側に近づけるよう意識をしてください。これだけでも、下腹がスッキリして見えますよね。

(1)背筋を伸ばして座る

(2)骨盤を立てる様にして座る

(3)おへそを背骨に近づける意識をする

この3つを意識するだけで、座り姿がまるでモデルさんのように美しくなります。

■イスに座りながら下腹を引き締めるエクサ

せっかくなので、ついでに下腹のエクササイズもしましょう。

この投稿をInstagramで見る

つやプラ – つやっときらめく美をプラス(@tsuyaplus)がシェアした投稿

座り姿がまるでモデルさんのように美しくなります

背筋を伸ばして骨盤を立てお腹に力を入れた状態のまま、息を吐きながら片足ずつ交互に膝を胸に近づけます。胸に膝を近づけたら5秒ほどキープして、そっと足をおろしましょう。

左右交互に10回行い、一度休憩します。これを3セット行いましょう。膝を上げ下げしている時は常に姿勢をまっすぐにして骨盤を立て、お腹に力を入れるよう意識してください。

写真のように背中と腰が丸くならないようにしましょう。下腹を意識して行ってください

動作中も、写真のように背中と腰が丸くならないよう注意してください。下腹を意識して行いましょう。

(フィットネス美トレーナー MIKA)

【関連記事】
・姿勢が第一印象を決める?美姿勢の要・腸腰筋のトレーニング
・どっしり腰回りスッキリ!?「片脚バランス・エクサ」
・【動画】下腹の浮き輪肉を撃退!ぺたんこお腹に導くエクサ
・お尻を鍛えればお腹が凹む?寝たままポッコリお腹解消エクサ