日に日に日差しが強くなってくると、気になるのは紫外線対策ではないでしょうか? 雑誌やTVでも日焼け止めに関する話題が多く見られ、「今年こそは絶対に肌を焼かない!」と決めている人も多いと思います。

UVケアと肌補正を叶える!大人の本音に応える日焼け止め

コスメコンシェルジュの筆者が、忙しい40代以降のつやプラ世代が使いやすい「UVケアとトーンアップを同時に叶えるアイテム」をご紹介します。

■紫外線は肌老化の原因ナンバーワン!?

肌老化の原因は、80%が紫外線といわれています。普段、紫外線にあまりあたることがないお腹などは、顔に比べてシミがなく、なめらかでスベスベとしていますよね。

その差の原因は、「光老化(紫外線)」が原因ではないかと考えられています。

■「UV-B」と「UV-A」

日焼け止めのパッケージに書かれている「SPF」と「PA」。SPFは、短時間で炎症やシミの原因につながる紫外線のUV-Bを防ぐ目安となるものです。表示されている数値が大きいほど高い効果が期待できます。

PAは、ハリや弾力低下の原因につながるUV-Aを防ぐ目安です。「PA++++」といったように、+が多いほど高い効果が期待できます。

■UVケアとトーンアップを同時に叶えるアイテム5選

シミ予防のためには日焼け止めが必須ですし、くすみが気になるつやプラ世代はトーンアップ下地も使いたいですよね。しかし、仕事の準備や朝食作り、家族のお世話などに忙しい朝の時間は、1分1秒がとても大切。「できることなら手短にすませたい」「UVケアと肌のトーンアップを同時にすませたい」というのが本音ではないでしょうか。

そこで、UVケアとトーンアップを同時に叶えるアイテムを、筆者が厳選しました。

(1)ビオレUV アクアリッチ ライトアップエッセンス/ビオレ

ビオレUV アクアリッチ ライトアップエッセンス/ビオレ

顔だけではなく身体にも使えるジェルタイプの日焼け止めです。

ライトアップエッセンスを配合しており、ふんわりとしたヴェールをまとったような肌へと導きます。「ヒアルロン酸」や「ローヤルゼリーエキス」などの保湿成分も配合しているので、ジェルにありがちなつっぱり感を感じませんでした

ライトアップエッセンスを配合しており、ふんわりとしたヴェールをまとったような肌へと導きます。「ヒアルロン酸」や「ローヤルゼリーエキス」などの保湿成分も配合しているので、ジェルにありがちなつっぱり感を感じませんでした。

するすると伸びて塗りやすいので、塗りムラになりやすい耳などにも塗りやすいですよ。石鹸オフが可能です。

トーンアップ★☆☆ 伸び★★★ うるおい★★☆ コスパ★★★
(70g SPF50+ PA++++ ノープリントプライス)

(2)UVミルク/アンドビー

UVミルク/アンドビー

ノンケミカル処方で保湿力が高いので、乾燥が気になる人も使いやすい、ミルクタイプの日焼け止めです。

微小パールがおだやかに光を反射して、やわらかな肌印象を与えます。大容量のポンプタイプは家族でシェアしやすく、天然精油の香りは使う人を選びません。

微小パールがおだやかに光を反射して、やわらかな肌印象を与えます。大容量のポンプタイプは家族でシェアしやすく、天然精油の香りは使う人を選びません。

筆者はデコルテにも塗って、首のうっかり日焼け対策をしています。石鹸オフが可能です。

トーンアップ★★☆ 伸び★☆☆ うるおい★★★ コスパ★★☆
(SPF50 PA++++ 30g 税抜価格1,800円/116g 税抜価格2,800円)

(3)UVトーンアップベース/セザンヌ

UVトーンアップベース/セザンヌ

スーッと軽いタッチで肌なじみ抜群のUV下地です。

トーンアップパウダーが光を反射してくすみを払拭し、ふんわりとした白肌へと導きます。ノンケミカル処方ながらも日焼け止め特有のきしみを感じにくいです。

トーンアップパウダーが光を反射してくすみを払拭し、ふんわりとした白肌へと導きます。ノンケミカル処方ながら、日焼け止め特有のきしみを感じにくい使い心地です。

「セラミド」や「スクワラン」などの保湿成分も配合してあるので、一年中乾燥が気になる筆者でもうるおいを感じました。石鹸オフが可能です。

トーンアップ★★★ 伸び★★☆ うるおい★★☆ コスパ★★★
(30g SPF50+ PA++++ 税抜価格680円)

(4)サナ インプリファイン スキンバリアベース M/インプリファイン

サナ インプリファイン スキンバリアベース M/インプリファイン

サナ インプリファイン スキンバリアベース M/インプリファイン

サナ インプリファイン スキンバリアベース M/インプリファイン

サナ インプリファイン スキンバリアベース M/インプリファイン

花粉やちりなどに加えて、ブルーライトもカットするUV下地です。

カラーは肌色補正にすぐれた「01.ヌードベージュ(写真上2枚)」と透明感を引き出す「02.ラベンダーピンク(写真下2枚)」の2色から選べます。筆者の場合、ラベンダーピンクの方がよりトーンアップを感じられました。

みずみずしいテクスチャーなので、摩擦による日々の肌ストレスも軽減されるのではないでしょうか。石鹸オフが可能です。

トーンアップ★★☆ 伸び★★★ うるおい★★☆ コスパ★★★
(全2色 30g SPF50+ PA++++ 税抜価格1,500円)

(5)サンシェルター トーンアップCC 10 ラベンダー ローズ/コスメデコルテ

サンシェルター トーンアップCC 10 ラベンダー ローズ/コスメデコルテ

ピンクやラベンダーのパールが配合されたCCクリームです。

サンシェルター トーンアップCC 10 ラベンダー ローズ/コスメデコルテ

計算し尽くされたカラーバランスは、くすみ肌をカバーしながら血色感も与えます。毛穴などの凹凸もソフトにカバーするのでファンデーションのノリも良く、肌にピタッと密着します。

筆者は、顔色が冴えない日や寝不足でくすんだように見える時などに使うことが多いです。クレンジングが必要なアイテムです。

トーンアップ★★★ 伸び★★☆ うるおい★★☆ コスパ★☆☆
(全3色 35g SPF50+ PA++++ 税抜価格3,000円)

トーンアップ力が高いのは「コスメデコルテ」と「セザンヌ」で、伸びが良いのは「ビオレ」と「インプリファイン」、保湿力が高いのは「アンドビー」、コスパが良いのは「ビオレ」と「セザンヌ」でした。

日焼け止めの効果を十分に発揮するためには、塗り方も大切。適量を少しずつムラなく伸ばすことと、汗をかいたらこまめに塗り直しをすることがポイントです。こちらも注意したうえで、肌をきれいに見せながらのUVケアを習慣にしてください。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛 登志子)

【関連記事】
・即できて美肌効果大!若々しい目元になるためにすべきこと3つ
・保湿しても荒れる手に!ハンドクリームを塗る前にすべきこと
・手もエイジングケア!40代の手荒れに◎なハンドクリーム
・【徹底検証】一番潤うのはどれ!?プチプラ化粧水ランキング

【参考】
※ビオレUV アクアリッチ ライトアップエッセンス – ビオレ
※UVミルク – アンドビー
※UVトーンアップベース – セザンヌ
※サナ インプリファイン – サナ
※サンシェルター トーンアップCC – コスメデコルテ