「春キャベツ」が美味しい季節です。キャベツには、ダイエットにうれしい食物繊維が豊富です。旬の美味しさが詰まった春キャベツを無駄なく手軽に食べつくして、すっきりボディを目指しましょう。

火を使わない!キャベツのツナコーン和え

インナービューティー料理研究家の筆者が、春キャベツを美味しく食べつくす簡単レシピを3つご紹介します。

■春キャベツとは?

春キャベツとは?

春キャベツは春先から出回り、葉の巻きがふわっとゆるくとてもみずみずしいキャベツです。生食で食べると特に美味しく、春ならではのフレッシュな美味しさを味わえます。

■キャベツがダイエットに嬉しい理由

しっかり噛んで食べ過ぎ予防

キャベツはほどよい硬さで、シャキっとした歯ごたえのある野菜です。

自然と噛む回数が多くなるため満腹中枢が刺激され、食べ過ぎ予防の効果が期待できます。

便秘予防ですっきりボディ

キャベツには「食物繊維」も豊富です。食物繊維は腸内の不要物を押し出す蠕動運動をサポートし、便秘予防に役立ちます。

便秘が続くとポッコリとした下腹部のラインが気になるもの。慢性的な便秘になると、肌荒れなどの不調にもつながりやすくなるので気をつけましょう。

他にもキャベツには、シミ対策にうれしい「ビタミンC」やむくみ対策にうれしい「カリウム」、胃腸ケアにうれしい「ビタミンU」などのさまざまな栄養が含まれています。

■キャベツが主役の簡単レシピ3つ

食べ応えがあるキャベツをたっぷりとり入れることで、食べすぎやカロリー過多を防ぐことにつながります。

(1)火を使わない!キャベツのツナコーン和え

火を使わない!キャベツのツナコーン和え

千切りにしたキャベツにツナ缶(汁ごと)とコーン缶(汁気をしっかり切る)、オリーブオイルを少々加えてよく和えると、彩りも良いコールスロー風サラダがあっという間に完成します。お好みで、ブラックペッパーやパセリ、タイムなどのハーブの粉末を加えて味を整えればより美味しくなります。

「ライト」「ノンオイル」タイプのツナ缶ならよりヘルシーです。

(2)いつもの味噌汁にちょい足し!キャベツの味噌汁

いつもの味噌汁に千切りにしたキャベツを加えるだけです。

豆腐、わかめ、油揚げ、きのこ類などのお好みの食材を合わせれば、栄養価が高く食べ応えのある味噌汁が完成します。

(3)フライパンひとつで完成!キャベツと牛肉のオイスター炒め

ざく切りにしたキャベツと牛肉の切り落としをごま油を引いたフライパンで強火で炒め、最後にオイスターソースを少々回しかけてよく和えれば完成です。塩や五香粉などのお好みのスパイスで味を整えればより美味しくなります。

オイスターソースは味が濃い調味料なので、少量ずつ加えて味を確かめてくださいね。

旬食材の美味しさを堪能しつつ、身体の中からキレイを磨きたいですね!

(インナービューティー料理研究家 フードコーディネーター 國塩 亜矢子)

【関連記事】
・ダイエット中も白いご飯を楽しめる!白米の太らない食べ方
・飲む物を変えれば痩せる!?ダイエット中に選びたいドリンク
・◯◯茶で寝ている間に脂肪が燃える?美と健康に役立つ飲み物
・ネバネバしてない方が美味!?実はNGな納豆の食べ方3つ

【参考】
※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)『あたらしい栄養学』高橋書店※上西一弘/著(2016年)『栄養素の通になる』女子栄養大学出版部※板木利隆/監修(2008年)『からだにおいしい 野菜の便利帳』高橋書店※吉田企世子/監修(2016年)『旬の野菜の栄養辞典』エクスナレッジ※蒲池桂子/監修(2010年)『美肌美人栄養学』エクスナレッジ※伊達友美/著(2010年)『食べる美女肌セラピー』エクスナレッジ