マスクをしていると、どの程度ベースメイクをしたら良いのか悩む時がありますよね。必要なポイントを押さえれば、マスクをしていても効果的にメリハリのある印象に仕上げることができます。

メイクアップアーティストの筆者が実際にしている、コンシーラーを使ったベースメイクテクニックをご紹介します。

■マスク着用時のベースメイクに求めること3つ

(1)肌を保護するための日焼け止め効果

(2)肌色補正(肌色をキレイに見せる)

(3)マスクにつかない、崩れにくい

これらのポイントを押さえて、シンプルにベースメイクを仕上げましょう。

■コンシーラーを使ったベースメイクテクニック

使用アイテム

日焼け止め効果のある下地

顔全体のくすみが気になるので明るく見せたい場合は、色付きのものを選ぶと良いでしょう。マスクを外さない前提で、マスクで隠れる部分は日焼け止めのみでOKです。

コンシーラー

崩れにくい仕上がりへの最短ルートは、厚く塗らないことです。とはいえ、つやプラ世代にカバー力は欠かせません。

そんな時、効率良くカバーできるのがコンシーラーです。少量で肌色を美しく見せることができるので、厚みを感じさせずにカバーすることができます。

アイテムごとの仕上がりに差はありますが、最初からある程度カバー力が欲しいとわかっている場合はファンデーションで厚みを出してカバーするよりも、少量のコンシーラーを使うことがベストです。

ベースメイクの手順

(1)顔全体に日焼け止め(下地)をなじませます。

(2)コンシーラーを写真のようにのせ、指の腹で顔の中心から外側に向けて広げながらなじませます。今回はやや液状のコンシーラーを使っており、わかりやすく少し多めの量をのせています。

コンシーラーを写真のようにのせ、指の腹で顔の中心から外側に向けて広げながらなじませます。今回は、やや液状のコンシーラーを使っており、わかりやすく少し多めにのせています

(3)キメや毛穴が気になる方や皮脂分泌が多い箇所には、仕上げにフェイスパウダーを使いましょう。左側のメイク前の状態と比較して、右側は目元のくすみや額の吹き出物も目立たなくなり透明感のある仕上がりになりました。

顔全体にファンデーションを塗らずあえて中心だけにコンシーラーを使うと、必要なカバー効果を得ながら顔の立体感を損なわずに仕上げることができます。

左側のメイク前の状態と比較して、右側は目元のくすみや額の吹き出物も目立たなくなり透明感のある仕上がりになりました

(4)ベースメイクを仕上げたら、必要なポイントメイクだけをシンプルに加えれば完成です。

ベースメイクを仕上げたら、必要なポイントメイクだけをシンプルに加えれば完成です

初めからコンシーラーを広範囲に薄く使うことで、カバーしたいポイントも適度にカバーすることができます。部分的に重ね付けする場合も、同じものを重ねるのでコンシーラーが浮きづらくなります。

今回使ったアイテム

今回使ったアイテム

ミミチュール トーンミーアップ UVジェル/クラブ

画像左は、手順(1)で使用したアイテムです。

肌馴染みの良いライトイエローのみずみずしいジェルが、白浮きせずに色むらを整えてつやを与えてくれます。
(80g SPF50+ PA++++ 通常購入税込価格1,650円)

フォトレディ キャンディッド コンシーラー 015ライト/レブロン

画像右は、手順(2)で使用したアイテムです。

なめらかなクリーム状で肌へのフィット感が高いので、軽やかな美肌を叶えます。
(全2色 税込価格1,650円)

つやプラ世代のデイリーメイクは、「肌の見え方」が重要です。厚みを出さずにカバーして、ポイントメイクを軽めに仕上げることが若見えの秘訣です。お手持ちのコンシーラーで試してみてください。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士認定講師 西村 リサ)

【関連記事】
・トレンド眉で老け見え?リフトアップ効果抜群の眉の描き方
・くすみを払って美肌に!大人のピンクメイクで若見えするコツ
・マスクの目元が華やぐ!上品に仕上がるプチプラマスカラ4選
・まぶたのくぼみ&くすみ解消!目元が若返るオレンジシャドウ

【参考】
※ミミチュール トーンミーアップ UVジェル – クラブ
※フォトレディ キャンディッド コンシーラー 015ライト – レブロン