美容と健康によいといわれる「高カカオチョコレート」。GI値が低く、ダイエットにも好意的に働くといわれています。すぐれた抗酸化作用をもつので、アンチエイジングや美肌にもおすすめです。

ベジ活アドバイザーの筆者が、ギルトフリーなおやつとしておすすめの高カカオチョコレートの食べ方のポイントと注意点をご紹介します。

■高カカオチョコレートがダイエットによい理由

一般的に、カカオの含有量が70%以上のものを高カカオチョコレートと呼びます。糖質量が少ないのが1つの特徴といえるでしょう。

高カカオチョコレートはおせんべいやバナナよりもGI値が低く、低GIに分類されます。食べても急激な血糖値の上昇を起こさないため、食べ方によってはダイエットに好意的に働くでしょう。

高カカオチョコレートは腸内フローラを整えて、便秘改善に役立つことも報告されています。老廃物の排出の手出すけにもなりますね。

香りによる癒し効果も期待されているため、ダイエット中のイライラ緩和にもよいかもしれません。

ポリフェノールの含有量

カカオの含有量が上がれば上がるほど、「ポリフェノール」の含有量も高くなります。

活性酸素は老化の一因になることが知られていますが、「カカオポリフェノール」は活性酸素から身体を守るすぐれた抗酸化作用があるため、アンチエイジングにおすすめです。カカオポリフェノールを多く含む製品を長期にわたってとると、肌の水分量低下を防ぐことがわかっています。

紫外線による皮膚の赤みを軽減させるという報告もあるので、美容を保つ食材といえるでしょう。

■高カカオチョコレートの食べ方と注意点

脂質を含むため、少量で空腹感をやわらげてくれるという利点がある「高カカオチョコレート」。しかし、脂質やカロリーが相対的に高いので食べる量には注意が必要です。

また、「カカオポリフェノール」は1度にたくさんとっても排出されてしまうため、必要な分を少しずつとることがよいといわれています。高カカオチョコレートは、ダイエット中の間食として少量を一定の間隔をおいて食べるようにしてみましょう。

例えば、明治の「チョコレート効果」ではHPに、美味しく健康に食べる目安は1日3枚〜5枚がおすすめと明記があります(1枚5gなので、5×5=25g)。また、ロッテの「乳酸菌ショコラカカオ70」ではHPに、乳酸菌ショコラシリーズは1日4〜5枚を目安にお召し上がりください(1枚あたり4g)との記載があります。機能性をうたったチョコレートは1日の適量をチェックしてから食べるといいですね。

甘いものが恋しくなったときは、間食に高カカオチョコレートを上手に取り入れてダイエットを成功させましょう。

(ベジ活アドバイザー 生井 理恵)

【関連記事】
・老化しないために40•50代が食べるべき魚3つ
・「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ
・糖化を防ぐ!老けないパンの食べ方
・朝食べると太りにくい!?ダイエットに◎な「卵のとり方」

【参考】
※高カカオをうたったチョコレート(結果報告)(PDF) – 国民生活センター
※GI値とは? – 明治
※教えて!チョコせんせい! – 明治
※便通改善×チョコレート – 明治
※「カカオポリフェノール」、なにがすごい? – 明治
※新発見!カカオプロテインで便通改善 実証研究 – 明治
※カカオプロテインで便通改善 実証研究 – 明治
※アンチエイジングに効果的!? – 明治
※チョコレート効果 – 明治
※チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究 中間報告 – 明治
※乳酸菌ショコラ – ロッテ