夏は、髪が湿気によりまとまらなかったり、ペタンとしてしまったりして、最もスタイリングに手こずる季節です。大人髪の場合、無理にストレートにしても毛先が広がりやすく、また、加齢によるうねりも多いため、きれいにキマらないのが特徴です。

そんな悩みにおすすめなのが、今どきパーマです。

ヘアジャーナリストの筆者が、スタイリングしにくい夏の髪を華やかにシフトする、大人の今どきパーマスタイルをご紹介します。

■膨らみやぺたんこで悩む髪もお任せ!進化系パーマは美人髪の強い味方

一昔前は、「パーマヘアはダメージが出そう……」、「広がったらどうしよう!?」と思う人も少なくないようでしたが、今ではパーマの研究開発が進み、その結果、ダメージの少ないコスメパーマや、パーマのかかりにくい人でもエアリーな質感が出るエアウェーブ、また、ペタンとしがちな根元だけを立ち上げるプリカールなど、バリエーションも実に豊富になりました。

そのため、エイジング毛に多い髪の広がり、中途半端なうねり、ペタンコ髪など、その人の髪質に合わせてパーマ薬液や工程をカスタムできるので、悩みの多い髪でもまとまり感やエアリー感のある、華やかスタイルにシフトすることが可能です。

また柔らかいニュアンスが生まれるので、暑い夏のまとめ髪が外国人マダムのようにルーズ&優雅に決まりやすい点も、夏にぴったりのスタイルといえます。

■40代・50代におすすめのパーマスタイルはこちら!

(1)ボリュームのない細毛もふんわりするマッシュパーマ

ペタンコ、広がり…大人の髪悩み解決!今どきパーマスタイル

画像提供・TAYA

40代以上はトップの厚みが減り、ペタンとしたさみしい印象になりがちです。

それを、カットで重めのマッシュベースにしてからつむじから放射状に1回転ほど大きめのカールをパーマで足すと、全体に空気感が生まれて華やかさがアップします。

前髪も、Jカールを施しサイドにつながるようにスタイリングすると、ペラっとしがちな大人世代の前髪もふんわり感がアップ!

(2)ハリコシのない髪にはAラインカールで可憐な印象に

ペタンコ、広がり…大人の髪悩み解決!今どきパーマスタイル

画像提供・MAGNOLiA青山(担当・RYOSUKEさん)

髪のハリコシが無くなってきて、シルエットが貧相になりやすい人におすすめのエアウェーブパーマ。

施術の工程で風の力を用いるので、仕上がり感も軽やかなのに自然なふんわりヘアに。

モデルのような理想的なAラインを手に入れたい人におすすめです。

(3)軟毛・細毛の髪に自然なメリハリを与えるひし形パーマ

ペタンコ、広がり…大人の髪悩み解決!今どきパーマスタイル

画像提供・TAYA

大人髪にメリハリ感を与えるひし形シルエットも、エイジングが進んで髪質が弱くなると、自分でのスタイリングが難しくなってきます。

レイヤーカットでダイヤフォルムに整えたら、中間から毛先にかけて大きめのカールが出るパーマをプラスすると、ドライするだけでゆるふわ感のあるナチュラルなひし形が完成。

朝のスタイリングもフォームやミルクを揉みこむだけだから、忙しい人でも楽チンです。

(4)地味見えに悩むなら、ラフな毛流れのヘルシーパーマに

ペタンコ、広がり…大人の髪悩み解決!今どきパーマスタイル

協力・TAYA

エイジング毛になり、シルエットが貧相にみえる、広がる、地味に見える……と悩むミディやロングの場合、カットで適度にレイヤーを入れ、S字のように動くパーマをプラスしてみましょう。

ペタンコ、広がり…大人の髪悩み解決!今どきパーマスタイル

協力・TAYA

カールの重なりとヘアオイルによるつや感をアピールすれば、夏にぴったりな抜け感のあるヘルシースタイルに。

悩みの多い扱いにくい髪でも、簡単に華やかシルエットにチェンジできます。

(5)伸ばしかけヘアでも楽しめる外ハネカール

ペタンコ、広がり…大人の髪悩み解決!今どきパーマスタイル

画像提供・MAGNOLiA青山(担当・RYOSUKEさん)

伸ばしかけ途中のハネやすいミディアムは、毛先だけパツンとそろえたロブ(長めボブ)にカットし、外ハネと内巻きのミックスパーマでゆらぎ感をプラス。

重くみえやすい肩レングスでも、グっとハイセンスな印象に。

(6)ペタンとするトップはプリカールでフワッ!

ペタンコ、広がり…大人の髪悩み解決!今どきパーマスタイル

画像提供・MAGNOLiA表参道(担当SHINさん)

根元だけペタンと潰れてバランスの悪いシルエットは、韓国発の最新プリカールで解決を。

根元だけに特殊なロッドを巻き付けてパーマをかけると、コシのないエイジング毛でもピンと立ち上がり、自然なボリューム感が誕生します。

トップに高さがつくと、ヘア全体のバランスが整って頬がすっきり見えるため、小顔効果もアップ!

以上、大人世代の髪に自然な立体感とメリハリを与えるパーマスタイルを紹介しました。

髪の扱いが難しくなってきたら、フォルムを矯正できるパーマをうまく利用すると、ブローで手こずることも少なくなります。自分の髪に自信を持つためにも、今どきパーマを賢く取り入れるのもよいですね。

(ヘアライター&ヘアジャーナリスト 小澤 佐知子)

【関連記事】
・黒髪ストレートで老け見え?アラフィフの若見えヘアのポイント
・白髪染め&ヘアカラーが色落ちしやすくなる5つのNG習慣
・40•50代が避けるべき!時代遅れな老け見えヘア3つ
・「白髪」の原因と減らすためにすべき事2つ

【参考】
※協力/TAYA
※協力/MAGNOLiA