つやプラ世代のお悩みのひとつ「ホットフラッシュ」。年齢による不調だとわかっていても、少しでもお悩みをやわらげたいですよね。

ずぼらだけど国際薬膳調理師の筆者が、ホットフラッシュ対策のために今すぐやめたいNG習慣&日々とり入れたい食材をご紹介します。

■ホットフラッシュとは

ホットフラッシュの原因はさまざまですがその1つとして、身体の中をめぐる生命エネルギーである「気(き)」の不調が関係すると薬膳のベースである中医学(中国伝統医学)では考えます。

気の量が十分にありスムーズに身体を巡っていることが理想ですが、気が減ることで巡りが滞り、滞ったところに熱が生じてしまうとホットフラッシュを招きやすくなります。また、熱は上に上がる性質をもっていますので、ホットフラッシュ特有の上半身に汗をかくという症状が出やすくなります。

「気」が減る原因

気が減る原因はさまざまですが、気と一緒に連動している「血(けつ)」の不足が影響しています。血は寝不足や栄養の偏りによって減りますが、生理も血が減る原因につながります。

ですので、つやプラ世代の方は年齢とともに血が減っているために気が減りやすく、その流れが滞ることで熱を生じやすくなっているのです。

■ホットフラッシュをやわらげるためには

ホットフラッシュをやわらげるためには、気の量を増やし気の巡りを良くすることが大切です。そのためには、気を作り出している「脾(ひ)」という臓腑の働きも高める必要があります。

気を作り出せなければ巡らせることもできませんので、脾を労わることを心がけましょう。

■ホットフラッシュ対策のために今すぐやめたいNG習慣

冷たいものをたくさん飲む

脾は冷たいものが大の苦手です。今の時期、冷たいものを一気に飲んでしまうことも多いですが、それはNG。

一気にがぶがぶ飲むのではなく、こまめに少量ずつ飲むことを意識しましょう。

ストレスを食やお酒で発散させる

ストレスを食やお酒で発散させると身体に余分な熱が発生しやすくなりますし、暴飲暴食は脾の働きを弱めることにつながります。

ストレスを感じた時は、香りのいい柑橘系のものをとることを意識するといいでしょう。今の時期、炭酸水にレモンを絞って飲むこともおすすめです。

肉や魚、米などを抜いた質素な食事が多い

体型を気にして、米などの主食を減らして野菜をたくさんとるように意識している方も多いかもしれません。

しかし、米や肉、魚には気を作り出す作用があるので、これらを抜くと余計ホットフラッシュを招く場合があるかもしれません。特に、消化の時間帯である朝ご飯こそ抜かずに食べるようにしましょう。

■ホットフラッシュ対策のためにとりたい食材5つ

(1)蕎麦

気の巡りをスムーズにする食材であり、身体の上部にある熱を下げる作用が期待できます。

発汗やほてり、イライラが強い場合は熱がこもっている状態ですので、上がった気を下げる作用が期待できる“大根おろし”をそえていただくといいでしょう。

(2)山芋

「迷ったらこれ!」というのが山芋です。脾の働きを高め、気を補い、汗のお悩み改善にも働きかけてくれる野菜です。

脾にやさしいので、胃腸が弱い人に特におすすめです。

(3)ピーマン

上がった気を正常な位置に戻す働きと、気の巡りをスムーズにする作用があります。

身体を温めも冷やしもしないマイルドな性質なので、年中、体質問わず食べることができます。料理のレパートリーが多いのも嬉しい点ですね。

(4)シソ

夏は冷たいものを食べることが多くなりますが、冷たいもののとり過ぎは脾の働きを弱めることにつながります。

そんな時におすすめしたいのが、いつも食べているメニューにシソをトッピングすること。シソは身体を温めながらも気の巡りをよくする珍しい食材なので、冷えやすい方にも向いています。

(5)グレープフルーツ

気が高ぶっている時(イライラ・ほてり)に特におすすめしたいのが、グレープフルーツ。気の巡りをスムーズにするには柑橘類がいいといわれています。

そのまま食べてもいいのですが、手軽にとり入れるならグレープフルーツジュースもいいですね。

すぐに改善するのはむずかしいですが、年齢を重ねるほど小さい食習慣の積み重ねが体調を左右します。今回ご紹介した食材を意識してとり入れてみてください。

(薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト 倉口 ゆうみ)

【関連記事】
・栄養士が食べない「老化が加速する食べ物」
・痩せるどころかむくむ!水分のNG摂取法3つ
・パンを食べても太らない?一緒に摂るべき食材4つ
・「おにぎり&スープ」で太る!?ランチ選びの落とし穴3つ

【参考】
※日本中医食養学会/著(2019年)『食養生の知恵 薬膳辞典 食物性味表』燎原書店※吉田揚子/著(2020年)『季節と暮らす12カ月 漢方養生ダイアリー: 40代からの体質改善』日本文芸社