パスタやカレーライス、素麺などは一皿で完結する手軽な料理なので、作りやすく、外食でもオーダーしやすいですよね。その反面、このような単品料理ばかりを食べて「糖質過多」や「野菜不足」などを招くと、体型の乱れが気になります。

ベジ活アドバイザーの筆者が、太りにくい単品料理の食べ方をご紹介します。

■単品料理はどうして太りやすいの?

パスタやカレーライス、焼きそば、うどん、素麺、グラタンなど、一皿で完結する単品料理を思い浮かべてみてください。どれも糖質がメインで、野菜や肉、魚などの「タンパク質」が不足しがちです。

このような料理を一日に1〜2食食べるのなら問題はありません。ですが、何日も食べ続けると糖質のとりすぎや栄養の偏りによって、体重増加や体調不良を招きます。

レストランによってはカロリー表示をしているところもありますよね。カロリーだけを見ると、いわゆる“一汁三菜”の和食の方が、ドリアやグラタンなどよりも高いです。

ですが、ドリアだけだと栄養バランスが不十分なので必要な栄養が摂取できる料理なのか、時には細分化してチェックすることも大事ですね。

■太りにくい単品料理の食べ方

単品料理は手軽さが最大の魅力でもあります。太りやすいからといってそれらを避けるのではなく、太りにくくするために食べる時に意識したいポイントがあります。

できることから始めていきましょう。

単品料理より先に野菜やスープを食べる

ランチは外食するという人もいらっしゃいますよね。メニューによっては、メイン料理の前に小さなサラダやスープがつくお店も増えてきました。

うどんやパスタなどを食べる前に野菜やスープを食べることで、急激な血糖値の上昇を抑えることができます。糖質は血糖値を急上昇させやすいので、できるだけ最後に食べることがベストです。

家で料理をする時は、作り置きなどをうまく活用しながら単品完結メニュー+野菜などの副菜1品を心がけるか、パスタやうどんなどの料理に野菜を多めに使うように意識するとよいでしょう。

食事30分前に野菜ジュースを飲む

食事30分前に野菜ジュースを飲むことで、穏やかな血糖値上昇を保つ働きがあるということがわかっています。

あらかじめ外食をするとわかっている時は野菜ジュースを飲んでおくと太りにくい身体作りの手助けになりますね。

よく噛んで食べる

よく噛むことは、血糖値の上昇抑制に役立つことで知られています。満腹中枢を刺激して暴飲暴食対策にもなるので、1品で完結する単品メニューを食べる時はよく噛むことを心がけてみてください。

自分で料理をする時は食材を少し大きめに切るなど、よく噛む習慣が身につくよう工夫するとよいでしょう。

手軽なパスタやカレーライスなどを食べる時は、ご紹介したことを意識して美ボディキープに役立ててください。

(ベジ活アドバイザー 生井 理恵)

【関連記事】
・ヨーグルトで肌老化を抑える!夏に入れるべき果物3つ
・炭酸水で夏太り&老化予防!ちょい足しすべきもの5つ
・卵かけご飯で髪が若返る!?効果を高める食材3つ
・納豆ご飯の若返り効果UP!ちょい足ししたい食材は?

【参考】
※スローカロリーな食べ方 – スローカロリー研究会
※野菜ジュースファーストのススメ – カゴメ
※「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が – 保健指導リソースガイド