乳液をスキンケアに取り入れている方が多いと思いますが、乳液の使い道は一つだけでないことをご存じでしょうか? 実は、40・50代にうれしい効果が期待できる活用法がいくつかあるんです。

美容ライターの筆者が、40・50代にピッタリの乳液の裏技活用法をご紹介します。

■蒸しタオル乳液洗顔

乳液一つで美肌に近づく!乳液の裏技活用ホームケア

年齢を重ねると、ターンオーバーが乱れることで古い角質が肌表面に溜まり、肌のごわつきや、乾燥、乾燥による小じわなどのさまざまな肌悩みを引き起こします。

ターンオーバーを整えるためには、古い角質を除去する必要があるのですが、角質除去で一般的な「スクラブ」を大人女性が使うと、摩擦が刺激となり、シミや肝斑の原因となってしまいます。

そこで、つやプラ世代の角質除去には、蒸しタオル乳液洗顔がおすすめです。

温かい蒸しタオルで古い角質をやわらかくし、乳液は肌をやわらかくする作用があるので、古い角質を優しくオフすることができます。

また、乳液は水分と油分の両方を含んでいるので、乾燥しがちな大人の肌にうるおいをチャージすることができます。

保湿をしながら角質もオフできるので、週1回のホームケアとして最適な美容法です。

蒸しタオル乳液洗顔のやり方

乳液一つで美肌に近づく!乳液の裏技活用ホームケア

(1)メイクや汚れを落とした清潔な肌に乳液をたっぷりとのせて、顔全体に広げる

乳液の量の目安は500円玉2枚程です。

肌がとても乾燥している場合は量が足りないこともあるので、必要に応じて量の調節をしましょう。上の画像のように素肌が白く隠れるくらい、たっぷり塗ってくださいね。

(2)蒸しタオルを顔にのせる

乳液をたっぷり塗ったら、蒸しタオルを顔にのせます。なるべく肌触りのいいタオルを使用して、肌への刺激を最小限に抑えましょう。

蒸しタオルの作り方

乳液一つで美肌に近づく!乳液の裏技活用ホームケア

水で濡らして絞ったタオルを、電子レンジOKのビニール袋に入れたら、電子レンジで温めます。

600Wで30秒〜50秒ほどが目安となりますが、温めすぎは火傷や火事の危険性があるので、始めは様子を見ながら少しずつ温めるようにしましょう。

(3)2分置いたら優しくふき取り、洗い流す

2分ほどが目安ですが、タオルの温度がぬるくなったら終了の合図です。

そのままタオルで軽く乳液をふき取り、ぬるま湯で洗い流しましょう。もしくは、タオルでふき取った後、残った乳液をそのまま顔になじませてしまっても大丈夫です。

乳液は「乳液先行」タイプがおすすめ

使用する乳液は、どんな乳液でも問題ありませんが、乳液先行を推奨しているブランドの乳液が特におすすめです。

乳液先行タイプの乳液は、角層をやわらかくし、後に使うスキンケアアイテムの浸透を促してくれる処方になっているので、蒸しタオル乳液洗顔後のスキンケアの効果を効率的にサポートしてくれますよ。

■乳液コットンパック

乳液一つで美肌に近づく!乳液の裏技活用ホームケア

しっかりと保湿をしていても、年齢を重ねてくると乾燥が気になることがありますよね。

目元や口元などの皮膚の薄い箇所の乾燥が気になることが多いと思いますが、実は頬の乾燥も進んでいるのが40・50代です。頬が乾燥していると、頬のたるみ毛穴や開き毛穴が目立ちやすくなり、それだけで年齢よりも老けて見えてしまいます。

頬の毛穴がいつも以上に気になるときには、乳液コットンパックがおすすめです。

乳液コットンパックを行うことで、ハリのあるもっちり肌に仕上がり、乾燥によるたるみ毛穴や開き毛穴が目立ちにくくなります。

また、水分と油分の両方を同時に補うことができるので、角質層の水分と油分のバランスが整い、大人女性のくすみがちな肌に透明感を与えてくれます。

化粧のりもよくなるので、ここぞという日のメイク前のケアにも最適です。

乳液コットンパックのやり方

乳液一つで美肌に近づく!乳液の裏技活用ホームケア

(1)洗顔後、乳液を軽く顔全体になじませる

コットンで全顔を覆う場合、この工程は必要ありませんが、頬のみや、乾燥が特に気になる箇所のみ部分的に行う場合は、コットンをのせない箇所の乾燥を防ぐために、顔全体に軽く乳液をなじませておきましょう。

コットンは裂けるタイプがおすすめ

乳液一つで美肌に近づく!乳液の裏技活用ホームケア

使用するコットンは、一般的なタイプのものでも構いませんが、その場合、乳液の量がかなり必要になりもったいないので、コットンパックをするのに適した、薄く裂けるようになっているコットンがおすすめです。

パッケージに「〇枚にさけるコットン」や「裂けやすいコットン」などの表記があるものを選んでみましょう。

(2)コットンを軽く水または化粧水で湿らせた後、乳液をなじませる

コットンを軽く湿らせたあと、コットンを手で薄く裂きます。

その後、肌につける面にたっぷり乳液をなじませて、ケアしたい箇所に張ります。

肌につく面にのみ乳液がなじんでいればいいので、コットンの裏面になじむまで乳液を使わなくても大丈夫です。

(3)コットンを貼って5分経ったら、コットンを剥がして肌に残った乳液をなじませる

コットンを剥がしたら、ハンドプレスで優しく乳液を肌になじませて終了です。

その後はいつも通りのスキンケアを行います。

使う乳液

使う乳液はどんな商品でも問題ありませんが、蒸しタオル乳液洗顔と同様に、乳液先行型の乳液の方がおすすめです。

■乳液スクラブ

乳液一つで美肌に近づく!乳液の裏技活用ホームケア

年齢を重ねてくると、肘や膝の黒ずみが気になりますよね。これは、古い角質が溜まって、メラニンが上手く排出されずに留まっていることが原因の一つです。

肘や膝などの角質が厚く硬い箇所にはスクラブでのケアが有効なのですが、市販のスクラブ剤は、大人の肌には刺激が強すぎる場合があります。

手持ちの乳液にキッチンにある砂糖を加えて、自家製スクラブを作ってみましょう。

黒ずみがひどい場合は週1回、気にならなくなってきたら2週間に1回など、スペシャルケアを行いましょう。

乳液スクラブのやり方

乳液一つで美肌に近づく!乳液の裏技活用ホームケア

(1)乳液大さじ1に対して、砂糖小さじ1を入れて混ぜる

スクラブといえば塩を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

塩でもいいのですが、砂糖の方が刺激が少なく、実は保湿効果もあるので、大人の肌には砂糖が最適です。

(2)角質や黒ずみの気になる箇所に塗布し優しくマッサージする

円を描くように優しくゆっくりとマッサージしてみましょう。

使用する箇所は、ボディのみにしましょう。顔には刺激が強いのでおすすめしません。

(3)マッサージ後、軽くふき取り洗い流す

スクラブを洗い流したら、ボディクリームなどでしっかり保湿してくださいね。

使う乳液

使用する乳液は、どんなものでも大丈夫です。

40・50代におすすめの乳液の裏技活用法をご紹介しました。どれも乾燥が進むこれからの季節にピッタリのケア方法なので、ぜひホームケアのラインナップに加えてくださいね。

(美容ライター/美容ブロガー/メイクアップアドバイザー/DNA栄養学ジュニアアドバイザー/GEN INE認定講師 伊早坂 美裕)

【関連記事】
・たるみ進行度がわかる!肌老化度を自分でチェックする方法
・40•50代の目元が若返る!クマのケア方法って?
・ツボ押しでたるみ解消!?「若見えに導くツボ」3つ
・いつもの化粧品の効果がUP!?40•50代が使うべきアイテム3つ