髪の印象は、見た目年齢を大きく左右します。つややかさのある質感とまとまり感、メリハリのあるフォルムは若々しさに必要な条件となりますが、髪のフォルムは年齢を重ねる度に崩れていくと感じてはいませんか?

ヘアジャーナリストの筆者が、エイジング毛でもまとまりやすい髪に導くホームテクニックをご紹介します。

■プリン型フォルムでデカ顔に!?

乾燥により細毛やクセが生じやすいエイジング毛は、以前より髪のフォルムがいびつになりやすいものです。特に厄介なのが、トップはペタンと潰れているのにハチ部分が膨らみ、毛先に向かって広がる「プリン型のヘアフォルム」。

頭が大きく見えるのにトップに高さがないのでアンバランスな髪型になり、結果的に顔も大きく見えがちです。このようなエイジング毛の場合、頭皮洗浄とブロー法がとても重要になります。

「昔のようにスルンとまとまるシルエットはもう諦めるべき?」と思う人もいるかもしれませんが、今までのお手入れを少し変えるだけで、まだまだ髪の印象チェンジは狙えます。まとまりやすい髪に導くホームテクニックをご紹介します。

■エイジング毛でもまとまりやすい髪に導くホームテクニック

過剰な皮脂を除去する

40代以降の女性は皮脂は減る一方と思いがちですが、頭皮の場合は“インナードライ”といって「頭皮の内面は乾燥しているのに表面は皮脂が多い」という環境になりやすいのが現状です。

これは、頭皮が乾燥することで肌にもっと皮脂を出さなきゃと守りの働きが生じ、結果的に過剰な皮脂を分泌してしまうという現象です。そのため、意外と頭皮に皮脂は多く存在するのです。

これに加え、更年期特有の女性ホルモンの減少も、頭皮に過剰な皮脂を作りだす原因のひとつと考えられます。

頭皮洗浄ブラシの使用が◎

過剰な皮脂を洗髪できちんと除去できないと、髪の根元に脂が張り付きトップの髪がペタンと潰れてしまいます。これを解決するためには、シャンプー用の頭皮ブラシが役立ちます。

毛穴周辺などの指では落としにくい皮脂汚れをとり除きやすくなるので、髪の根元の立ち上がりもおどろくほどアップします。トップが潰れてヘアスタイルが地味に見えると悩む人は、ぜひ頭皮洗浄ブラシを使ってみましょう。

丁寧なトリートメントを

ハチから毛先に向かって髪が膨らんだり広がったりしやすい人は、髪の乾燥が大きく関係している場合があります。そのため、毛髪の内部補修をするトリートメントは、毎日使用することが基本。

この時、単なるルーティンという感覚で適当に行ってはいませんか? 毛先側だけに雑にトリートメントを塗布すると細部にその栄養がいきわたらず、結果的に髪の膨張につながります。

ハチ下からコームでトリートメントをなじませる

トリートメントを中間〜毛先に塗布したら、必ず目の粗いコームでハチ下→毛先に向かってなじませていきましょう。

こうすると、膨らみやすいハチ下や内側の髪にもうるおいがきちんといき届きやすく、まとまり感のある髪へと変化していきます。

ドライは、最初に下を向いて行う

髪を乾かす時、オールバックにかき上げながら行ってはいませんか? 実は、これはNGです。前髪やハチ部分の根元が立ってしまうので、髪の上半分が不自然に広がりやすくなります。

これを解決するには、あごを下げた状態でつむじから毛束を前に垂らすようにしてドライしてください。髪の根元は手ぐしを使いながら前へ前へと乾かすことで、髪を元の位置に戻した時に根元の毛流れが正常な位置に落ち着ちつくので、ストンと収まりのよいフォルムが完成します。自然とハチ部分の膨らみが解消されるでしょう。

毛先にはクリーム×オイルのw使いを

毛先が広がってしまう場合、タオルドライ後の髪全体にアウトバスクリームをつけてコームでなじませましょう。そして、ドライ後にもう一度、毛先にクリームを塗布して中間〜毛先にオイルを重ね付けしていきます。

クリームで内部にうるおいを与えオイルで外的乾燥から髪を守る「Wブロックケア」を習慣にすると、自然と毛先の広がりを抑えてスルンとまとまりのある髪へとチェンジします。

髪のいびつなフォルムを解消し、スルンとまとまる髪を作るテクニックをご紹介しました。美しいヘアラインは顔も締まって見えるため、若々しい印象へと変化します。秋髪美人を目指すために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(ヘアライター&ヘアジャーナリスト 小澤 佐知子)

【関連記事】
・白髪を増やしたくない!今すぐできること3つ
・今っぽく若見えに!40•50代がすべき髪型6つ
・ゴム1本でできる!40•50代向けヘアアレンジ4つ
・ドライヤーで汗だく?プロ直伝「美髪に仕上がる時短ドライ術」