最近、筆者のメイク教室で目立つ生徒さんのお悩みがあります。「加齢によりまぶたが腫れぼったくなった」「若い頃に比べて目と眉毛の距離が随分伸びた気がする」というもの。

確かに、40歳をすぎるとまぶたが重たくなり目の上に被さってしまい、目が小さく見えたり間延びした印象の顔になったりしがちです。

片側だけメイクをして比べてみました。メイクありの方が自然なのに、目が大きく見えます。

今回は、目と眉毛の間を埋めてスッキリとしたまぶたを作るメイクテクニックをご紹介しました。もちろん、この上からアイホールに色味を重ねてもOKです。マスクで顔の上しか見えないからこそ、ちょっとした工夫で若見えを作っていきたいですね。

(肌育美容家 今泉 まいこ)

【関連記事】
・40•50代が買ってはいけないプチプラアイブロウ
・軽やか&目元クッキリ!40・50代が選ぶべきブラウンマスカラ
・40•50代が買ってはいけないプチプラファンデ3つ
・老け目元が蘇る!40•50代がすべき「アイラインの描き方」