マスク生活が習慣となり、メイクの主役はすっかりアイメイクとなった感じがあります。そのようななかで「マスクによる蒸れなどでアイメイクが崩れやすい」「白マスクを着用すると目元がくすんで見える」といったことに悩む人が増えている印象です。

アンチエイジングアドバイザーの筆者が、40・50代こそ使うべき目元アイテム、アイシャドウベースを使うべき理由とおすすめのプチプラアイシャドウベースをご紹介します。

■40・50代こそアイシャドウベースを使うべき理由

アイシャドウベースというと、「皮脂が多くアイメイクが崩れやすい10・20代が使うべきアイテムなのでは?」と考える方が多いかもしれません。

しかし、40・50代こそアイシャドウベースを使うべき理由があります。詳細は下記の通りです。

色付きのものは、まぶたのくすみをカモフラージュ

そもそもまぶたのくすみが目立つ方に加えて、夕方にくすみが出やすいのが40・50代です。まぶたのくすみが目立つと老けて見え、アイシャドウの発色を邪魔するリスクが高まります。

逆に、肌色補正効果のあるアイシャドウベースを使うとくすみをカモフラージュできると同時に、アイシャドウの発色を高める効果も期待できます。

シワなどの凹凸が気になるまぶたに均一にフィット

40・50代ともなるとまぶたのシワなどの凹凸が気になり、アイシャドウがまぶたに均一にフィットしにくくなります。

ですが、アイシャドウベースを使うとシワなどの凹凸悩みを容易に解決でき、その結果きれいな仕上がりになります。

カバーしすぎによるヨレを防ぐ

まぶたのくすみが気になると、化粧下地やファンデーションに加えてコンシーラーを使う方が多いのではないでしょうか。たくさんのアイテムを重ねると、その分ヨレやすくなってしまいます。

そのため、コンシーラーの使用を控え、アイシャドウベースでまぶたを整えることがおすすめです。重ねるアイテムを減らすことでヨレを防ぐ効果が期待できます。

■アイシャドウベースを使ううえでのポイント

アイシャドウベースをたっぷり塗ってしまうと、それがヨレの原因につながります。そのため、少量を指先にとって薄く加減しながらポンポンと塗ることがポイントです。

シワが気になる場合は、指で軽くシワを伸ばしそれを埋めるような要領で塗りましょう。

■40・50代におすすめのアイシャドウベース4選

(1)フィットアイベース/エクセル

フィットアイベース/エクセル

うるおい成分やトリートメント成分が配合され、ケア効果も高いアイシャドウベース。なめらかなテクスチャーで、柔らかすぎず硬すぎず絶妙で、重ね付けもしやすいです。

実際にアイシャドウを重ねると、アイシャドウの発色を良くするのはもちろん、パールやラメの輝きが繊細になる印象があります。まぶたのくすみを自然にカバーする効果が高く、ワントーン明るい肌に整えてくれます。

伸びの良さ★★★★☆ フィット力★★★★☆ ヨレにくさ★★★★☆ 発色を高める効果★★★★☆ 保湿力★★★★☆ モチの良さ★★★★☆ 肌色補正力★★★★★
(税込価格1,045円)

(2)アイクリームプライマー 01/キャンメイク

アイクリームプライマー 01/キャンメイク

チューブ入りのアイシャドウベースで、塗布すると無色透明になるという斬新な商品。みずみずしいテクスチャーで軽やかに伸びていき、つるんとした仕上がりになります。

触れると塗っているかどうかわかりにくい使用感と仕上がりですが、実際にアイシャドウを重ねるとおどろくほど発色がよくなり、アイクリームのようなケア効果も期待できます。そのため、淡い色の発色を高めたい時やパール感・ラメ感をしっかりと出したい時にピッタリです。また、小ジワをカモフラージュする効果もあります。

伸びの良さ★★★★★ フィット力★★★★☆ ヨレにくさ★★★★☆ 発色を高める効果★★★★★ 保湿力★★★★☆ モチの良さ★★★★☆ 肌色補正力☆☆☆☆☆
(税込価格550円)

(3)アイカラーベース/無印良品

アイカラーベース/無印良品

淡いピンク色のアイシャドウベース。「ホホバ種子油」などの複数のオイルが配合されているせいか、かなりしっとりとして粘度高めのテクスチャーです。

指でとると多く付きがちなので、指先に力を入れずに少量取ってなじませるのがポイント。ケースからとり出して別売りのパレットに収納して使うこともできます。

伸びの良さ★★★☆☆ フィット力★★☆☆☆ ヨレにくさ★★★☆☆ 発色を高める効果★★★☆☆ 保湿力★★★★☆ モチの良さ★★☆☆☆ 肌色補正力☆☆☆☆☆
(税込価格590円)

(4)ケイト ザ アイカラーベース/ケイト

ケイト ザ アイカラーベース/ケイト

淡いピンク色のアイシャドウベース。1.5トーン程度明るくまぶたを整えてくれます。クリーミーながら、やや硬めのテクスチャーで、なじませた後はサラサラになります。

ツヤも出るため目元を華やかに彩りたい方にピッタリで、淡い色のアイシャドウもきれいに発色させる効果が期待できます。

伸びの良さ★★★★☆ フィット力★★★★☆ ヨレにくさ★★★★☆ 発色を高める効果★★★★☆ 保湿力★★★☆☆ モチの良さ★★★★☆ 肌色補正力★★★★★
(ライター購入税込価格715円)

■アイシャドウベース4品の色や発色の比較

アイシャドウベース4品の色や発色の比較

最も肌色に近いのは「エクセル」で、肌色補正効果も高めです。

肌に塗布した時に色の変化が見られないのは「キャンメイク」でしたが、肌色補正効果が売りの商品ではないので別格ともいえます。また、小ジワをカモフラージュする効果が期待できるので、そういった意味でも40・50代女性におすすめです。

「無印」は肌色補正効果は期待できませんが、やや透明感のある仕上がりになる印象です。「ケイト」はやや白っぽくまぶたを整えますが、不自然さはありません。肌色補正効果も高めです。

好みのメイクや手持ちのアイシャドウとの相性を考え、使い分けすることもひとつの手です。アイシャドウベースをうまく使いこなして、若々しい印象のアイメイクを楽しみましょう。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
・マスクを外しても若見え!老け見え回避のメイクのコツ
・40・50代コンシーラー初心者がうまくクマを隠す方法&おすすめ品3つ
・化粧下地で老け見え?40代以降が避けるべき化粧下地
・40•50代が買ってはいけないプチプラアイブロウ

【参考】
※エクセル
※キャンメイク
※無印良品
※ケイト