寒い季節になるととくに乾燥が気になりますよね。顔はもちろん、体のかさつき・粉ふきで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

皮脂腺は体の中心に多く集まっているので、脚や腕などはもともと乾燥しやすい部位です。さらに秋冬は空気が乾燥するうえ、年齢を重ねると肌がうるおいを保持しにくくなるため、かさつきが加速してしまいます。

美容ライターの筆者が、40・50代の方が粉ふきを起こしにくい肌を目指すためのケア方法と、おすすめアイテムをご紹介します。

■粉ふき対策には、お風呂上がりの保湿が命!

ボディケア

しっとりボディを手に入れるためのポイントは、お風呂上がりにアリ!

シャワーを浴びたり浴槽に浸かったりすると、肌が本来持つうるおい成分(皮脂や天然保湿因子、細胞間脂質など)が流れてしまい、水分を保てない状態に。さらにお風呂から上がったとたん、肌のうるおいが一気に蒸発してしまいます。

でも逆に、「乾燥しやすい無防備な状態=角質層までうるおいが浸透しやすい状態」ともいえるんです。お風呂上がりの保湿をいかに早く行うかが、粉ふき肌対策の第一歩です!

■肌が湿った状態で保湿を

お風呂 保湿

お伝えした通り、肌のうるおいはお風呂上がり直後から一気に減少し始めます。バスルームから出る前に保湿して、肌を乾燥から守りましょう。

タオルでさっと拭いた後の、肌に水気が残っている状態で保湿するのがおすすめ。バスルームや脱衣所にアイテムを常備しておくと、習慣づけしやすくなりますよ。

■ボディの乾燥・粉ふき肌対策におすすめのアイテム3選

ボディの粉ふき対策におすすめのアイテムを3つご紹介します。

(1)Oh!Baby モイストボディクリーム/ハウス オブ ローゼ

ハウスオブローゼ

「ボディスムーザー」でおなじみの“Oh!Baby”がついに待望のシリーズ化! とっても軽くぷるぷるなテクスチャーで、肌がつるん・もっちり。Oh!Babyから誕生しただけあって、肌がやわらかくしっとりうるおうのを感じられます。

もぎたてのピーチを思わせるジューシーな香りですが、いい意味で後残りしないので、使いやすさも優秀です。
(130g 税込価格1,650円)

(2)ホホバオイル/spa hinoki

スパヒノキ

ペルー産のホホバを低温圧搾法で抽出した、未精製のピュアホホバオイル。オイル自体はサラッとしていますが、なじませるともっちりとした肌に。

ECOCERTとCOSMOSの認定も受けたオーガニックコスメで、品質にも信頼が持てます。ポンプタイプで使いやすさも◎。
(100ml 税込価格2,000円/250ml 税込価格3,500円/290ml 税込価格4,200円/500ml 税込価格6,000円)

(3)トリクセラNT フルイドクリーム/アベンヌ

アベンヌ

しつこい粉ふき肌、乾燥によるかゆみなどで悩む方に必ずおすすめしているボディクリームがこちら!

アベンヌ温泉水をベースに、独自の肌保護成分「セレクチオーズ」を配合。かさつきにくい肌づくりをサポートします。

生後1か月の赤ちゃんから使えるほどやさしい処方でありながら、使い続けることで肌本来の水分保持力をアップ。クリームと名がつくものの、実際は肌にすっと伸びる乳液のようになめらかなテクスチャーです。

「今まで何を試してもだめだった……」という方も、使うごとにきっと良さを実感できるはず! ひとつ前にご紹介したようなオイルの後に重ねると、さらにもちもちの肌が手に入ります。
(200ml 税込価格3,520円/400ml 税込価格5,280円)

一日の中でもっとも身体が乾燥すると言っても過言ではないお風呂上がり直後。この瞬間の保湿を制することが、粉ふき肌対策への近道です! ご紹介したものもぜひ参考にしていただき、しっとりうるおったボディをキープしましょう。

(美容ライター・コスメコンシェルジュ/新井 美由紀)

【関連記事】
・乾いた肌に必要なのは◯◯。手軽に全身の保湿ケアをする方法
・4年前より肌が若返った!40代ライター実践スキンケア
・顔のたるみが止まる!?今すぐするべき5つの習慣
・顔のたるみを撃退!もたつき引き上げマッサージ
・止まらない乾燥の原因は?肌の潤いを守るケア方法&アイテム

【参考】
※Oh!Baby モイストボディクリーム – ハウス オブ ローゼ

※ホホバオイル – spa hinoki

※トリクセラNT フルイドクリーム – アベンヌ