蒸し暑い季節は、身体の臭いが気になりますよね。特に40・50代の汗は、若い頃に比べて独特な臭いを発することもあります。

肌育美容家の筆者が、汗の基礎知識と40・50代の臭い対策をご紹介します。

■知っておきたい汗の基礎知識

知っておきたい汗の基礎知識

私たちの汗には種類があり、「エクリン腺」と「アポクリン腺」から出る2つに分けられます。

エクリン腺から出る汗は無臭で、肌に存在する雑菌が繁殖することで臭いを放出します。もう一つの、ワキガの原因になると考えられているアポクリン腺はワキや乳首、陰部などにあり、一般的な汗とはまた別のものです。

40・50代の臭いは、ホルモンバランスが崩れて過剰な皮脂が汗を酸化させたり、皮膚から放出された臭い物質が汗に混じることが主な原因として挙げられます。その臭い対策をするには、上から香りを被せるのではなく身体の内側の調子を整えることも大切です。

■40・50代の臭いの特徴

なぜ臭いがキツくなるの?40・50代の臭いの特徴

若い頃の体臭には「ラクトン」という物質が含まれています。桃やココナッツのような甘い香りがするのは、このラクトンによるものです。

ですが、ラクトンは10代後半をピークに減少していき、40・50代ではさまざまな要因が汗と混じって独特の臭いを発します。

加齢臭

「加齢臭」は、長時間加熱した食用油や劣化したビールのような臭いです。これは、「ノネナール」という物質によるもの。

加齢とともに皮脂の中に分泌されやすくなり、首や耳の後ろ、頭皮、背中から臭うことが多いです。

ストレス・疲労臭

鼻にツンとくるアンモニア臭がしたら、ストレスや疲れが溜まっているかもしれません。

精神的なストレスや肉体疲労で身体の中のアンモニア分解力が弱まります。分解しきれなかったアンモニアが汗に混じると、臭いの原因につながります。

ダイエット臭

更年期時期を迎えて体重増加を気にするあまり、糖質制限やカロリー制限をしていませんか? 自分の身体から甘酸っぱい臭いがしたら、それはダイエット臭の可能性があります。

過度な糖質制限やカロリー制限により、「ケトン体」という独特の甘酸っぱい臭いを発する物質が増加する場合があります。これが、臭いの元になるので注意が必要です。

■今日から実践!40・50代の臭い対策3つ

今日から実践!40・50代の臭い対策

エクリン腺から出る汗は99%が水分で、通常は無臭です。若い時と汗の臭いが変わってきたと感じたら、内側からのアプローチも意識しましょう。

(1)汗トレを習慣にする

汗をかきたくないあまり涼しい部屋で過ごしてばかりいると、汗腺つまりを招く場合があります。汗腺つまりを放置すると、もっと臭いが強くなってしまいます。適度な運動と入浴の習慣で、毎日きちんと汗をかくようにしてください。岩盤浴やサウナで出るサラサラした汗が理想的です。

筆者おすすめアイテム

シークリスタルス エプソムソルト オリジナル/sea crystals

シークリスタルス エプソムソルト オリジナル/sea crystals

自宅で気軽に大量の汗をかきたい時におすすめです。浴槽に入れて、半身浴するだけで大量の汗が出ます。

何度か使っているうちに、サラサラとした汗をかけるようになるでしょう。
(2.2kg 税込価格1,340円)

(2)頭皮を清潔に

頭皮は皮脂腺が多く、一番臭いの気になる部位です。自分では臭いに気がつきにくいですが、周囲では頭皮の臭いに敏感な人もいるでしょう。毎日のシャンプーに、週に1度の頭皮ケアも取り入れてみてください。

筆者おすすめアイテム

ドクターメディオン ヘッドスパ スカルプパック/メディオン

ドクターメディオン ヘッドスパ スカルプパック/メディオン

高濃度炭酸を含んだ、泡タイプの頭皮炭酸パック。シャンプー前に頭皮をマッサージするだけでじんわり温まり、毛穴に詰まった汚れや皮脂を吸着します。

週に1度のケアで、夏も臭いの気にならない頭皮へ導きます。
(150ml 税込価格3,850円)

(3)腸内環境を整える

腸内環境が乱れるとガスが血液にのって体内をめぐり、臭いの原因につながります。なので、インナーケアも臭い対策としてとても大切です。内側からのケアは、更年期世代にとって一番重要な臭い対策です。

筆者おすすめアイテム

インナースキン ビューティフローラサプリメント/RF28

インナースキン ビューティフローラサプリメント/RF28

乳酸菌やビフィズス菌だけではなく、美活菌に注目した「フローラコントローラISR」を配合しています。

腸内環境と肌の調子を整えたい40・50代におすすめの欲張りサプリメントです。
(28包入り 税込価格6,480円)

40・50代の汗は更年期や緊張する場面で急に吹き出すことがあり、コントロールはむずかしいもの。タオルや汗ふきシートを常備して、肌に残したままにしないよう工夫してください。

筆者は、スティックタイプの練り香水を持ち歩いて、人と会う前に耳の後ろに塗るようにしています。ほのかな香りは、自分と近い相手だけが気づき好印象を与えられます。ちょっとした大人のたしなみとして、取り入れてみてください。

(肌育美容家 今泉 まいこ)

【関連記事】
・更年期にも◎40・50代が飲むべきお茶3つ
・更年期のイライラ&疲れに食べるべき「身近な食材3つ」
・更年期世代が取り入れるべきデトックス習慣6つ
・更年期のだるさやほてりに!不調緩和に役立つ山芋の活用術

【参考】
※ワキガの真の原因を解明 – ケアネット
※【更年期】突然カーッと「ほてる」汗はニオイが強いって本当? – ヤフー
※女性の「若い頃のニオイ」を解明!「若い頃の甘いニオイ」の正体は「ラクトンC10/ラクトンC11」 – ロート製薬
※「加齢臭」 – 湧永製薬
※なんだか臭う…それはお疲れのサイン「疲労臭」かも? – eo健康
※汗が臭くなる病気 – 沢井製薬
※シークリスタルス エプソムソルト オリジナル – sea crystals
※ドクターメディオン ヘッドスパ スカルプパック – メディオン
※インナースキン ビューティフローラサプリメント – RF28