まぶたのたるみは老け見えの原因のひとつです。目元の気になるたるみやクマをケアして、いつまでも若々しい目元をキープしたいですね。

エステティシャンの筆者が、摩擦ダメージなしに、お顔に触れずにできる、目元のたるみやクマのケア方法をご紹介します。

■まぶたの筋肉を鍛えるエクササイズ

老け見え目元・まぶたスッキリ目元エクササイズ

眉毛やおでこの筋肉を動かさずに、まぶたの力だけで「白目の上の部分」が出るように目をしっかりと開きます。

1度に5回、朝晩を目安に鏡をみながら行ってみましょう。

このとき、どうしても眉毛が上がる人はまぶたの筋肉が弱くなっている証拠です。また、まぶたの筋肉が弱まっている場合は、おでこの筋肉を使って目元の表情をつくる癖がある可能性大。その場合、おでこの横シワの原因にもなってしまいます。

おでこや眉毛の筋肉を使わずに、まぶたの筋肉だけで目を開くエクササイズを行い、目元のたるみはもちろん、おでこの横シワ対策もしていきましょう。

■耳を引っ張る&回すエクササイズ

老け見え目元・まぶたスッキリ目元エクササイズ

耳にはツボがたくさんあり、全身のコンディションを整えるといわれています。

さらに目元の毛細血管にも影響があるとされ、耳を回したり引っ張ったりのエクササイズをすることで目元のむくみ・たるみ予防や、クマなどの予防に役立つと考えられています。

人によっては「目の下のたるみが軽減した」「白目が綺麗になった」と感じるケースも。

耳のエクササイズのやり方

(1)耳の上を掴み引っ張ります。耳の真ん中を掴み引っ張ります。耳の下を掴み引っ張ります。これらを3回ずつ行います。

(2)耳の真ん中ほどを持ち、前側に10回回し、次に外側に10回回します。

耳のエクササイズは、時間があるときや気がついた時に行ってください。朝メイク前に行えば顔や目元のむくみ、くすみもすっきりしてメイクの仕上がりがあがります。また夜は目元の疲れをとってから就寝できます。朝晩行うと良いでしょう。

マスク生活の今、目元の印象は人に大きな印象を与えます。ぱっちりとした目元で、若々しくハリのある健康な印象を与えていきましょう。

(美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰 永松 麻美)

【関連記事】
・臭う「ワキ汗」の原因は実は●●だった!?
・ガサガサかかとが綺麗に!足元を若返らせる方法
・首のシワで一気に老け見え!?NG習慣&ケア方法
・40・50代は汗の臭いがきつい⁉︎臭いの原因とするべき対策