40・50代になると、目元のたるみが気になりますよね。

メイクアップアドバイザーの筆者が、ぱっちり目下が叶う「40・50代のマスカラの塗り方」をご紹介します。

■40・50代が使うべきマスカラ選びのポイント

40・50代が使うべきマスカラ選びのポイント

大人になってまつげの量が減った人は、ボリュームタイプのマスカラを選びがちですよね。しかし、ボリュームタイプのマスカラは液の粘度が高いのでひじきまつげになりやすく、細くなった大人まつげには液が重すぎてカールが落ちやすくなってしまいます。

年齢を重ねるほどメイクには“清潔感”が大切なので、まつげをきれいにセパレートできるロングタイプを選ぶことで若見え目元を作ることができます。

ダークブラウンやブラウンを

まつげを際立たせようとブラックのマスカラを選ぶ人が多いと思いますが、大人がブラックを使うと風格や凄みが増して貫禄が出てしまうので、若見えは狙えません。今トレンドのカラーマスカラも、彩度が高く明るいブラウンやオレンジなどの色味だと大人の目元の輪郭がぼやけてしまいうのでNGです。

大人の目元を若々しく見せるには、適度な存在感を与えてくれるダークブラウンや、温かみを感じる深みブラウンがおすすめです。

■ぱっちり目元が叶う「40・50代のマスカラの塗り方」

ぱっちり目下が叶う「40・50代のマスカラの塗り方」

(1)マスカラを塗る前にコームでまつげをとかし、毛流れを整えましょう。このひと手間を加えることで、ダマの防止やひじきまつげを防ぐことができます。

(2)マスカラブラシについている余分なマスカラ液を、容器の口でしごいて落としましょう。この動作も、ダマとひじきまつげ防止につながります。

(3)マスカラブラシをまつげの根元に当てたら、軽く押し当てるように圧をかけながら左右に小刻みに数回動かします。これでまつげの根元にマスカラブラシがしっかりと入り込むので、後は毛先に向かってスッとブラシを抜くように動かしましょう。

根元以外の箇所で左右にブラシを動かしてしまうと、まつげ同士がくっついてひじきまつげになりやすいので注意してください。

(4)ブラシを縦にして、ブラシの先端で下まつげを根元からなぞるようにつけます。

このとき、ブラシの先端に液がたっぷりついていると、下まぶたにマスカラ液がついて失敗の原因となってしまいます。ブラシの先端をティッシュに軽く押し当てて余分な液を取ると、失敗することなく下まつげにマスカラを塗ることができますよ。

もう少しまつげにボリュームと長さが欲しい場合

もう少しまつげにボリュームが欲しい場合は、同じ工程をもう一度繰り返します

もう少しまつげにボリュームが欲しい場合は、同じ工程をもう一度繰り返します。

さらに長さが欲しい場合は、まつげの毛先側1/3のあたりにブラシを軽く当て、毛先をとかすようなイメージでマスカラをつけましょう。このとき、マスカラ液は付け足さずに行ってくださいね。

40・50代はついまつげを盛りがちですが、それこそが老け見えにつながってしまう場合があります。繊細なロング&セパレートまつげに切り替えて、若々しい目元を手に入れてくださいね!

(美容ライター/美容ブロガー/メイクアップアドバイザー/DNA栄養学ジュニアアドバイザー/GEN INE認定講師 伊早坂 美祐)

【関連記事】
・マスクで老けて見える原因&40・50代がすべき若見えメイク
・若見え&美人な印象に!40・50代が使いたいマスク3選
・即メリハリ顔!マスクで若見えする眉とアイラインのコツ
・40・50代こそ取り入れたい!若見えに◎意外なメイク法