「ダイエット中でもコーヒーは欠かせない」という方は多いのではないでしょうか。飲むならダイエットに役立つ飲み方をしたいですよね。

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、コーヒーをダイエットに活かすおすすめの飲み方をご紹介します。

■コーヒーはそもそもダイエット向きの飲み物

コーヒーは、そもそもダイエットに向いた飲み物です。

コーヒーに含まれているクロロゲン酸には、脂肪の蓄積を抑える働きが期待されています。また、カフェインには脂肪の燃焼を促す作用も。

さらにカフェ酸には、ダイエットに付き物のイライラを和らげ、リラックスさせてくれる働きがあります。

よって、ダイエットの際には大いに楽しみたい飲み物といえます。

■1日の適量は何杯?

そんなコーヒーですが、やはり飲み過ぎには注意が必要です。

カフェインを摂り過ぎてしまうと、睡眠の質が落ちる可能性があります。よい睡眠がとれないと、睡眠中に分泌される成長ホルモンが出にくくなります。これは代謝を上げてくれる、ダイエットに大切なホルモンです。

健康に悪影響を及ぼさない量として、1日3〜5杯を目安にしていきましょう。

■砂糖は使ってもいいの?

本来、ダイエット中のコーヒーはブラックでいただきたいところです。

ですが、どうしても甘くして飲みたいときは黒砂糖を使うのがおすすめ。白砂糖に比べカロリーが比較的少ないので、置き換えによってカロリーを抑えることができます。

また、はちみつを使うのもいいでしょう。はちみつには腸内環境を整えてくれるオリゴ糖が含まれているほか、血糖値の上昇も比較的緩やかにしてくれる甘味料です。

■温かい「ソイラテ」でたんぱく質を

ブラックコーヒーが苦手な方は、コーヒーと温めた豆乳を混ぜた「ソイラテ」をどうぞ。

ダイエット中に不足しがちなたんぱく質やカルシウムが補給出来るほか、美肌効果をもたらす女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きを持つイソフラボンも摂れます。

■ココナッツオイルを加えても◎

コーヒーにココナッツオイルをひとさじ加えて飲むのもいい方法です。

ココナッツに含まれている中鎖脂肪酸は、からだに脂肪を付きにくくさせる働きがあるので、ダイエット中には積極的に摂りたいオイルです。

ちょっとひと息つきたいときに、気分転換にも役立つコーヒー。上手に楽しんで、からだへの「痩せスイッチ」を入れてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

【関連記事】
・朝の1杯で老ける!?朝イチで飲んではいけない飲み物
・コーヒーに●●を足すだけ!痩せ効果UPの飲み方
・おにぎり+●●で痩せる!痩せ効果UPの食材3つ
・白髪が増えてしまう!?要注意な食べ物2つ

【参考】
※クロロゲン酸 – わかさ生活

※カフェイン – わかさ生活

※カフェ酸 – わかさ生活

※朝スッキリ起きられる?ダイエットが成功しないのは、睡眠不足が原因かも – 大正製薬

※黒砂糖 – わかさ生活

※はちみつ – わかさ生活

※中鎖脂肪酸 – わかさ生活