小腹をみたす甘いおやつが習慣となっている人も多いですよね。

ベジ活アドバイザーの筆者が、毎日食べても罪悪感が少ない「40・50代におすすめのヘルシーおやつ」をご紹介します。骨の健康保持や女性ホルモンのバランス調整に役立つ、更年期世代にぴったりなおやつを、ぜひお試しください。

■罪悪感ナシ!40・50代におすすめのヘルシーおやつ4つ

(1)ホット豆乳プルーン

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」は女性ホルモンとよく似た働きがあり、「エストロゲン」の過不足を調整する役割をもつことでも知られていますよね。あたためた豆乳をゆっくりと咀嚼して飲むと満腹感を得ることができるので、小腹が空いた時におすすめです。

味を変化させたい時は、ドライプルーンをつぶしたものを入れてみましょう。ほどよい甘味がアクセントとなりより美味しくなりますし、更年期世代の女性にとって大切な栄養素となる「鉄」や「カルシウム」「食物繊維」を摂取することができます。

ドライプルーンを入れすぎるとカロリーが高くなるので注意してください。

(2)小魚

骨の健康が気になる更年期世代におすすめしたいのが、小魚のおやつです。

小魚といえば「カルシウム」。骨や歯の健康に役立つため、更年期世代は意識して摂ると良いでしょう。

最近では、抗酸化作用が高いくるみやアーモンドと一緒に販売されているものなど、バリエーションが増えて食べやすくなりました。小分けになっているものもあるので、ぜひ試してみてください。

(3)緑茶×はちみつ

「甘いものが飲みたい」という時におすすめしたいのが、緑茶とはちみつの組み合わせです。

緑茶の渋みが苦手な人は、ぜひ試してみてください。はちみつの甘味が緑茶の渋みを上手にカバーして、飲みやすくなりますよ。

緑茶に含まれる「カテキン」はすぐれた抗酸化作用があることがわかっていますが、緑茶を飲んで運動をすると体脂肪が減りやすくなるという報告もあります。ダイエットしながらキレイを保ちたい更年期世代におすすめです。

(4)高カカオチョコレート

ダイエット中にチョコレートが食べたくなったら、ミルクチョコレートよりも「カカオ70%以上の高カカオチョコレート」を選びましょう。

含まれている「カカオポリフェノール」の量が多いですし、糖質も少なくダイエットの手助けとなります。カカオポリフェノールは抗酸化作用が高く、老化の原因とされる活性酸素の働きを抑えます。

低GIの高カカオチョコレートですが、脂質が多いということも忘れてはいけません。「タンパク質」や「脂質」を食べると、満腹感を保つ物質がお腹からたくさん、長く分泌されると考えられていますが、食べすぎはNGです。

ブランドによって適量が定められています。適量を守りながらダイエットに役立てたいですね。

更年期世代におすすめのヘルシーおやつをご紹介しました。適量を守って、ダイエットに役立てましょう。

(ベジ活アドバイザー 生井 理恵)

【関連記事】
・コーヒーに●●を足すだけ!痩せ効果UPの飲み方
・おにぎり+●●で痩せる!痩せ効果UPの食材3つ
・不調を招くコーヒーのNGな飲み方3つ
・腸内悪化でどんどん太る!?朝やってはいけないこと3つ

【参考】
※イソフラボン – わかさ生活

※乾燥プルーン – カロリーSlism

※緑茶の健康効果に世界が注目 脂肪の燃焼を促しがん予防の効果も – 糖尿病ネットワーク

※教えて!チョコせんせい! – 明治

※美容×チョコレート – 明治

※お悩み相談室 – 三菱食品

※チョコレートが閉経後女性の高血糖、高血圧、高コレステロールを改善 – 保健指導リソースガイド

※高カカオをうたったチョコレート(結果報告)(PDF) – 国民生活センター