温かい鍋料理が美味しい季節になりました。野菜や肉、魚介類と、栄養のバランスも取りやすい鍋料理はダイエットにも理想的ですが、痩せ効果のある薬膳の具材を加えると、いっそうダイエットがスムーズになるでしょう。

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、いつもの鍋にちょい足ししたい食材をご紹介します。

■薬膳って何?

「薬膳」とは、様々な薬効を持った食材を使って作る料理のこと。実はスーパーでも買える身近な食材にも、薬膳でいう薬効があるとされているものがたくさんあるんですよ。

■「冷え・血流改善」「デトックス」作用でスリムに!

薬膳の食材で狙いたいのは、冷えや血流の悪さを改善することと、不要な老廃物をからだから出し切るデトックスの働きです。

これらがきちんと行なわれていれば、脂肪も燃焼しやすく、ダイエットに拍車がかかります。

■いつもの鍋にちょい足ししたい薬膳的食材7つ

(1)昆布

食物繊維が豊富で、高いデトックス作用があります。

また、昆布に含まれているカルシウムは、冷えとの予防と改善、血流アップにも役立ちます。

さらにヨウ素がエネルギー代謝を活発にしてくれる効果も。

出汁として使うほか、結び昆布にして加えるとよいでしょう。

(2)ニラ

ニラに含まれているアリシンには、血流を改善し冷え対策にもなる働きがあります。

また、糖質の代謝を活発にするビタミンB1も含まれています。

食物繊維も豊富で、腸活のサポートにもなります。

(3)きくらげ

食物繊維を大変多く含む食材です。

また脂質や糖質の代謝をうながすビタミンB2も豊富ですので、ダイエット向きの食材です。

どんな鍋とも相性がいいので、ぜひちょい足しを。

(4)山芋

山芋には、余分な脂質の吸収を抑える作用のあるサポニンが含まれています。

デトックスをうながす食物繊維や、むくみの予防・改善に役立つカリウムも豊富です。

とろろ鍋にするほか、薄切りにしてさっと火を通していただくのもおすすめです。

(5)ラム、マトン

ラムやマトンには、脂肪を効率よく燃焼させ、冷えと血流を改善する働きのあるL-カルニチンが含まれています。

脂質や糖質の代謝をアップするビタミンB2も含まれているので、ダイエットしたいときにはおすすめの肉です。

(6)クコの実

クコの実には、肝臓への脂肪の蓄積を防ぐベタインが含まれているほか、脂肪燃焼作用があり、脂質や糖質の代謝をうながすビタミンB2が含まれています。

(7)とうがらし

具材ではありませんが、とうがらしもちょい足ししたい調味料です。

代謝が活発になり、脂肪燃焼もうながすカプサイシンが含まれていますので、ダイエットサポートが期待出来ます。

血行の促進、冷え性改善の働きも期待できます。

美味しく食べるだけで代謝がアップし、痩せやすくなる薬膳の食材はうれしいですね。温かくめぐりのよいからだを育て、この冬をハツラツと、スリムに過ごしていきましょう!

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

【関連記事】
・朝の1杯で老ける!?朝イチで飲んではいけない飲み物
・コーヒーに●●を足すだけ!痩せ効果UPの飲み方
・おにぎり+●●で痩せる!痩せ効果UPの食材3つ
・白髪が増えてしまう!?要注意な食べ物2つ

【参考】
※コンブ – わかさ生活

※ニラ – わかさ生活

※きくらげ – わかさ生活

※ビタミンB2 – わかさ生活

※山芋 – わかさ生活

※羊肉 – わかさ生活

※クコ – わかさ生活

※とうがらし – わかさ生活