街で素敵な後ろ姿の女性を見かけると、どんな女性だろうと気になりますよね。逆に前から見たら素敵で完璧なのに、後ろ姿が残念ということも。

ちょっとした工夫で360°どこから見られても素敵な女性になれます。常に誰かが後ろから見ていることを意識していた元国際線CAの筆者が、今日からできる後ろ姿美人になれる簡単な方法をご紹介します。

■背筋を伸ばして立つ、歩く

疲れているとついつい猫背になりがちですよね。前から見るとあまり目立ちませんが、後ろから見ると猫背はとても目立ちます。
姿勢の良い女性は、後ろ姿も凛として素敵。背筋を伸ばすことを常に心がけ、気がついた時に姿勢を直すことを心がけましょう。
電車に乗ったら窓に映った自分を見る癖をつけるなど、ちょっとした工夫で気をつけることができます。姿勢を矯正してくれる下着などもあるので利用すると良いですよ。

■服がシワにならないように一工夫

電車を降りる時や、レストランでの食事後に立ったら洋服のお尻や背中がシワになってしまうこともありますよね。せっかくおしゃれをしても洋服がシワになっていたら台無しです。長時間座るときはシワになりにくい服を選ぶのも良いですが、座る時に気をつけることが大切。
お尻のあたりに手をかけ、服を伸ばしてシワにならないように座る。背中を背もたれからちょっと浮かせるなど気をつければ、シワを防げます。姿勢も良くなるので一石二鳥。

■メイク直しのついでにストッキングをチェック

後ろから見てストッキングが伝線してしまっている女性を見かけることもありますよね。逆に、ふと気がついたら自分のストッキングが派手に伝線しているのに気づくことも。一体いつから伝線していたんだろう、と恥ずかしい思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか?
1人でいると中々気づかないのですが、メイク直しをするついでにストッキングが伝線していないかチェックする癖をつければ簡単です。慣れてしまえば5秒でチェックできるので習慣化すると良いですよ。

■鏡を見る時は後ろ姿も一緒にチェック

正面や横を鏡で見るときに、後ろ姿も一緒に見るようにすれば簡単に360°チェックできます。
ウエストをひねりながらチェックするとちょっとしたエクササイズにもなりますよ。鏡の正面と反対側を向いて、手鏡を使って合わせ鏡で見るのもおすすめです。
髪がはねていた、ごみがついていた、クリーニングのタグがついていたなどを発見できます。洋服を着る前にほころびがないかをチェックすれば、知らぬ間にスカートの裾がほつれていたということも防げます。

いかがでしたか? 今回は、後ろ姿美人になれる簡単な方法をご紹介しました。
どれもすぐに実践できる簡単なことばかりです。ぜひ参考にしてみて下さいね。
(インターナショナルビューティライフプロデューサー/MINAKO)

【関連記事】
・ぷよラインをカバー!スタイリスト厳選の着やせトップス3つ
・春ファッションは足元から!快適さが鍵の最旬シューズ3つ
・素材と色、柄で脚長効果も!最旬「ワイドパンツ」選びのコツ
・顔色UPに◎30代40代が取り入れたいビタミンカラー3選