梅雨も明けて夏本番! テカリのないさらっとしたスベスベな肌は、上品で洗練された美しさが感じられます。

1)「水使用」が可能なスポンジに、たっぷり水を含ませる。

20170724ichikawa04

2)スポンジをややかために絞ります。スポンジに水分がたくさん残っていると、ムラになりやすいので親指で軽く押しても水滴が垂れない程度が目安です。

20170724ichikawa05

3)スポンジ半分の面積に、均一になるようファンデーションをとり、頬の広い部分から外側に向かって筋肉の流れにそって伸ばし広げ、全体をムラなく仕上げます。
4)汗や皮脂が出やすく化粧崩れしやすいTゾーンは、つけすぎに注意! スポンジに残ったファンデーションでなじませる程度で充分です。

「水スポンジ仕上げ」の良さは、ひんやりとした清涼感あるつけ心地と、水分を含んだ粉が肌にピタッと密着しつつもサラサラな肌表面の仕上がりが実感できるところ。化粧崩れもしにくくなるので、夏に最適な使用法です。
汗をかきやすい、テカりやすい、ベタつきやすいという方はぜひ試してみてくださいね。
(美容家/コスメコンシェルジュ・市川 愛子)

【関連記事】
・アラフォー美容の新定番!2017年上半期LARベストコスメ大賞
・プチプラも!美容家が選ぶ、上半期ベスコス〜メイク編4部門
・“できる”女はメイクが違う!プロが教える職場メイクのコツ
・夏のメイクに自信!美容家も使っている優秀UV化粧下地4選