気温、湿度、紫外線と、身体にストレスとなることが多い夏。身体やお肌の調子が悪くなる方も多いのではないでしょうか。

細胞が活性酸素によって酸化すると、スムーズにエネルギーを作ることができず、疲労の一因となりますから、夏の疲れを残さないためにもポリフェノールは大切です。

エラグ酸の多い、イチゴ、クランベリー、ブルーベリーなどは、コンビニやスーパーで冷凍フルーツとして販売されています。そのまま食べることができるので、暑い日の朝食やおやつに食べてもいいですね。

海や山、海外へとお出かけの多い夏。夏老け防止の食べものを毎日の生活に取り入れて、元気に楽しく過ごしたいですね。
(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【関連記事】
・その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
・夏バテに◎な酵素ジュースが簡単!「青梅」調味料レシピ2つ
・“空腹”がポイント!2大若返り要素を活性化する食生活とは
・見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

【参考】
※5分で分かるポリアミン(A.老化と動脈硬化の真犯人がわかった B.ポリアミンがアンチエイジングのキーワード)(PDF) – 全国納豆協同組合連合会
※リコピンと美白・美肌に関する研究 – カゴメ
※成分情報 エラグ酸 – わかさ生活