「コラーゲン」を摂取するためのドリンクやサプリメントなどの製品が販売されています。しかし、「コラーゲンドリンクは本当に美容効果が期待できるのか?」「コラーゲンドリンクは何に注目して選べばいいのだろう?」と疑問に思っている人も少なくないはずです。

今回は、コスメコンシェルジュの筆者が、コラーゲンドリンクに期待できる美容効果や、コラーゲンを効率よく摂取するにはどのドリンクを選ぶべきかを詳しく解説していきます。

■コラーゲンドリンクで本当に美容効果が期待できる?

コラーゲンドリンクで本当に美容効果が期待できる?

コラーゲンには肌の水分量を抱え込む性質があり、肌の乾燥を防ぐとともにみずみずしく健康な素肌へ導く効果が期待できます。

一方、「コラーゲン食品を摂ることで、本当に美肌を目指せるのか?」という疑問の声もよく耳にします。たしかにコラーゲンは分子量が大きく、食べ物やドリンク、サプリで補ってもそのままの形で肌に届くわけではありません。

コラーゲンを摂取すると、胃で消化されてアミノ酸に分解されます。アミノ酸はコラーゲンを構成する重要な成分。このアミノ酸が血液に取り込まれることで全身に運ばれ、美肌効果が得られるのです。

近年では分子量が小さく吸収性にすぐれたコラーゲンドリンクが次々に開発されており、コラーゲンドリンクによる美容効果もさまざまな研究によって明らかになっています。

■コラーゲンドリンクの選び方とは?

コラーゲンドリンクの選び方とは?

コンビニやドラッグストアではさまざまなコラーゲンドリンクが販売されていますが、高い値段で販売されているドリンクほど美容効果が期待できるというわけではありません。

「吸収しやすいコラーゲンなのかを確認する」「コラーゲンの含有量だけに注目しない」という2点が、コラーゲンドリンクを選ぶポイントです。

コラーゲンドリンクを選ぶ2つのポイントについて詳しく解説していきます。

(1)コラーゲンドリンクは魚由来のものを選ぶ

コラーゲンドリンクは魚由来のものを選ぶ

コラーゲンの原料には、「動物由来のもの」と「魚由来のもの」の2タイプが存在します。動物由来のものは、魚由来に比べてコラーゲンの構造が頑丈にできており、体内に吸収しにくいというデメリットがあります。

ある研究では、魚鱗由来のコラーゲンペプチドを摂取することで角質水分量が増加したものの、豚由来のコラーゲンペプチドを摂取しても有意な効果が得られなかったという結果があるため、コラーゲンの原料は魚由来のものを選ぶことをおすすめします。

(2)コラーゲンの含有量だけが重要ではない

コラーゲンドリンクの中には、1本で10,000mgのコラーゲンが摂取できるものも少なくありません。たしかに、含有量が多い方が美容効果が期待できるように感じますが、大切なのはコラーゲンの含有量ではなくコラーゲンの分子量にあります。

ある専門家の見解では、低分子のコラーゲンを1日3g前後摂るだけで十分という説もあります。コラーゲンの摂取量に上限はありませんが、飲めば飲むだけ美肌効果が期待できるというものでもありません。

一方、ビタミンCのようにコラーゲンと相性の良い成分を一緒に摂ることで、コラーゲンが効率よく働きます。コラーゲンの含有量だけに注目するのではなく、吸収しやすい処方になっているかをチェックすることも大切です。

コラーゲンドリンクにはたくさんの種類がありますが、コラーゲンの原料やコラーゲン以外の配合成分に注目して選んでみてくださいね。

(コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻
日本化粧品検定1級保有。美容部員の経験を生かし美容ライターに転身。コスメのみならず、食生活や生活習慣を含めた美容に役立つ情報を発信中。)

【関連記事】
・なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
・今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
・美容に◎!高カロリーだけど「美容と健康に役立つ食品」4つ
・「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント

【参考】
※間違いだらけのコラーゲン選び(PDF) – ルウ研究所
※コラーゲンペプチド経口摂取による皮膚角層水分量の改善効果(PDF) – 明治製菓