プールや海、お泊りなど、夏は楽しいイベントがたくさん! でも、満喫してお風呂やシャワーに入った後は、ヘアスタイルがオフモードなんてこともありますよね。


「最後までかわいくいたいけれど、ヘアアイロンやコテをわざわざ使うのも」……そんな女の子の悩みを解消してくれる“マジックカーラー”のみを使ったナチュラルセットのやり方をご紹介します?


マジックカーラーとは?


ホットカーラーとは違い、表面がマジックテープのようになっているので、ピンやクリップを使わなくても髪が巻きつくカーラーです。ドライヤーを使えば、よりしっかりと形を付けることができます。


持ち運びも簡単で、100円ショップや薬局などどこにでも売っているのでとっても便利♪ 太さにも種類がありますが、今回はふんわりセットできる36mmを使用しました。



くるりん前髪の作り方



こちらはドライヤーで乾かしただけの状態です。少し横流しにしないと目にかかってしまいます。前髪が短い方は36mmだとオン眉になってしまうので、もう少し細めのカーラーを選びましょう!

プロセスは簡単


(1)前髪をまっすぐ上にあげ、根元にカーラーをあてます
(2)ボサボサにならないように抑えながら、毛先まで滑らせましょう
(3)毛先からしっかりと巻きつけます
(4)根元までくるくる巻きつけましょう

(5)ドライヤーをあてます


ドライヤーを使わなくても形はつきますが、しっかりカールを残したい場合は使用したほうが◎。温風→冷風の順番に風をあててカーラーを外すと、根元からふんわり立ち上がってくれます。


(6)手ぐしでほぐします


カーラーを外したあとは、手ぐして整えると自然な仕上がりになります♪


マジックカーラーのみですが、ナチュラルなふんわり前髪に? ただ、ヘアアイロンを使用するよりもキープ力は弱いので、お好みでスタイリングスプレーをつけると長続きしてくれます。スプレーを使用する際は、しっかり離した距離から軽く吹きかけてくださいね!

キレイにカールを作るポイント
1. 流したい方向に毛先を巻きつける


とっても重要なポイントがこれ。マジックカーラーに慣れていない人は、カールが思っていたのと反対側についてしまうことがあります。前髪に使用する場合は、流したい方向へ毛先が向くように巻きつけてくださいね!

2. サイドの境目はコームでしっかりほぐす


根元からしっかり浮いてくれるのがマジックカーラーの良さですが、巻きつけていないサイドの毛との境目が目立ちがち。形が固定される前にコームで根元からとかすとなじんでくれますよ!

毛先ワンカールの作り方


4ステップで簡単内巻きに♪


(1)(2)カールにバラつきがでないように、根元の方からカーラーをあてて毛先まですべらせます
(3)毛先からカーラーを一周するくらいまで巻きつけます
(4)ドライヤーで温風→冷風の順番であてて、形をキープします


形がつかないわけではないですが、毛の重みがあって取れやすいのでドライヤー使用は必須です! 外ハネっぽく仕上げたい方は、反対側にカーラーをあててみてね!


まとまりがなかった毛先にツヤも出て、セットした感は少ないのに清潔感が……?

キレイにカールを作るポイント


毛先のカールは前髪よりもとれやすく失敗しがち。時短を考えて一気にたくさん巻きつけると形がつきにくいので、あまり分厚くならない量をとってください。幅にも注意して、はみ出さない量を意識しましょう!


マジックカーラーを1つ持っているだけで、自然で作りすぎていないモテヘアを作ることができます? 普段使いはもちろん、お出かけ先でも大活躍なのでぜひ使ってみてくださいね?
(空山菜摘)