蒸したとり肉にごまだれをかけた棒々鶏(バンバンジー)は、言わずと知れた中華料理の人気メニュー。作り方はシンプルですが、コツを押さえるだけでグッと出来がよくなります。そこで今回は、棒々鶏の多彩なレシピを5つにわたってご紹介。時短で作れるものをチョイスしたので、忙しい日などに試してみてはいかが?

レンジでバンバンジー

【材料・4人分】
とりもも肉 2枚(約500g)、貝割れ菜 1パック、カラーピーマン(赤、黄) 各1/2個、しょうが 1かけ、ねぎの青い部分 1本分、ごまだれソース(練りごま[白] 大さじ1と1/2〜2、酢 大さじ2、しょうゆ、ごま油 各大さじ1、砂糖 小さじ1)、塩、こしょう、酒
【作り方】
1. しょうがは皮つきのまま薄切りにし、貝割れ菜は根元を切り落とす。カラーピーマンはそれぞれ縦薄切りにする。
2. 耐熱皿にとり肉をのせ、塩小さじ1、こしょう少々をふってもみ、ねぎ、しょうがをのせて酒50mlをかける。ラップをふんわりとかけて電子レンジで約10分加熱し、ラップをかけたままさます。とり肉は電子レンジで加熱するだけでOK。加熱後はラップをかけたままさませば、パサパサにならない。
3. 皿に野菜と、とり肉を食べやすく切って盛り合わせる。ごまだれソースの材料を混ぜてかける。
(310 Kcal、塩分1.2 g)
とり肉はねぎやしょうがをのせ、酒をかけてから電子レンジでチン。食感をよくするために、加熱後はラップをかけたまま冷ましましょう。練りごまなどを加えたソースのこうばしい香りがたまりません。


レンジ棒々鶏

とり肉を加熱した際に肉汁が出るので、たれに加えて風味をアップ。豆板醤のピリッとした辛みがきいて、ご飯にもよく合います。


蒸しどりのバンバンジー風

らっきょうが入ったごま風味のたれが絶妙な味わい。とり肉の皮は手ではがしたあと、細く切って混ぜてしまいましょう。


棒々鶏(バンバンジー)風おかずサラダ

とり肉は包丁で厚い部分を切り開き、平らにしておくのがコツ。電子レンジで加熱するとき、均一に熱が加わります。


簡単バンバンジー

辛みをつけず、練りごまでやさしく仕上げた棒々鶏です。ごまだれは煮沸消毒した瓶に入れることで、冷蔵庫で2週間ほど保存可能に。


今回紹介したレシピに必要なものは、とり肉を除けば家にある調味料や買い置き食材ばかり。メインのおかずに迷ってしまった日などに、役立ててみてくださいね。