味が濃い料理をメインにするときは、口の中をさっぱりさせる箸休めも併せて作りたいもの。そこで今回は、箸休めにぴったりな野菜のみそ漬けを5つご紹介していきます。野菜の漬物なら献立のバランスがとれる上、栄養価がアップするのもうれしいところ。「みそ」の発酵パワーで、より一層おいしく仕上がりますよ。

オクラのみそ漬け

【材料・2人分】
プレーンヨーグルト 大さじ1、オクラ 6〜7本、みそ
【作り方】
1. オクラはへたの先を落としてがくを包丁でぐるりとむく。塩少々をふって軽くもみ、1本ずつへたの向きを変えてラップで包んで電子レンジで約40秒加熱する。ラップをはずして粗熱をとる。
2. ヨーグルトとみそ大さじ1を混ぜ合わせてラップに薄く広げ、1をのせて包み、冷蔵庫で半日〜1日おく。
3. 水でみそを洗い落として水けをふく。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
(13Kcal、塩分0.5g)
オクラの周りにはうぶ毛が密生しているため、そのまま調理すると舌触りが気になることも。調理前には塩をふって軽くもみ、うぶ毛を取り除きます。ただし、もみすぎると食感が悪くなってしまうので、気をつけてくださいね。


ごぼうのみそ漬け

カットしたごぼうと調味料をポリ袋に入れるだけで完成。そのまま冷蔵で約1週間保存できるので、作りおきしておくのもおすすめです。


ピーマンとししとうのみそ漬け

ピーマンとししとうは生のまま使います。加熱いらずでパパッとできあがるので、調理が面倒なときに重宝するはず。


きゅうりの簡単みそ漬け

きゅうりは少しずつ回しながら、1〜2mm間隔の切り目を入れるのがポイント。短時間でも味がよくなじみ、コクのあるみそ漬けを作れます。


長いものみそ漬け

甘辛いみそ味をまとわせた長いもは、おつまみにもぴったり。大きめに切ったりたたいたりして、シャキシャキ感を楽しみましょう。


みそ漬けは朝食のお供としても優秀なメニュー。風味が増した野菜のおかげで、白いご飯がどんどん進むはずですよ。

文=田中律