ヨーグルトをタンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどをバランスよく含んだ栄養価の高い食品。そんなヨーグルトを使ったサラダはあっさりして食べやすいので、暑くて食欲がない日にぴったりです。いつものサラダのバリエーションに加えてみて。

■ ヨーグルトでまろやかに「きゅうりとコーンのコールスロー」

<材料2人分>

きゅうり…1本、プレーンヨーグルト…大さじ1、ホールコーン缶…1/2缶(約65g)、塩、マヨネーズ、こしょう

<作り方>

1.きゅうりは両端を少々切り落として1cmの角切りにする。塩小さじ1/4をふってしばらくおき、出てきた水けをしっかり絞る。

2.ボウルにヨーグルト、マヨネーズ大さじ1、塩、こしょう各少々を入れて混ぜ合わせる。1とホールコーンの缶汁をきって加えてあえる。

ヨーグルトのやわらかい酸味とコーンの甘みがやみつきに。冷蔵庫に入れて冷やしておけば、ひんやりしてより食べやすくなります。

■ コクうま甘い「かぼちゃのカレーヨーグルトサラダ」

カレー粉とヨーグルトを組み合わせると、スパイシーでマイルドな味わいが生まれます。色彩もきれいで、おしゃれな一品。

■ 冷たいおつまみ「枝豆ときゅうりのヨーグルトサラダ」

サッと作れて、食卓に緑が加わります。枝豆は脂質を燃焼させるため、脂っこいおかずのつけあわせにもおすすめです。

■ カロリーオフがうれしい!「ヨーグルトポテトサラダ」

定番のポテトサラダが、いつもとは違うあっさりとやさしい味に。マヨネーズと和えるよりもカロリーが押さえられますよ。

■ にんにくでパンチの効いた「きゅうりのヨーグルトサラダ」

水分の多いきゅうりは、種をとることで水っぽさを軽減。にんにく風味のヨーグルトソースがよく絡み、お箸が進みます。

ヨーグルト独特の酸味は食欲を増進させ、さっぱりとヘルシーに仕上がります。余ってしまったヨーグルトを使えば、ワンパターンになりがちなサラダにもひと工夫できます。冷蔵庫にゆとりもできて一石二鳥です。ぜひお試しください。