ネット通販は、重くてかさばる荷物も玄関まで届けてくれるので大助かり。でも、ハサミやカッターを持ち替えて、いくつもダンボール箱を開けるのって、面倒なんですよね。今回はダンボール箱をカンタン&スマートに開けられるアイデアハサミをご紹介します。

コクヨが8月9日に発売する「ハコアケ」は、宅配ダンボールの開梱に特化したハサミ。最大の特徴は、刃を閉じたままカッターのようにテープを切ることができる「ハコアケモード」です。

「ハコアケモード」は、ハサミに付いたスイッチをスライドさせてハンドルを握ると、ハサミの先端から刃が出てくる仕組み。そのままダンボールに当ててスーッと引くことでテープをキレイにカットすることができます。

刃が飛び出すといっても最大1mmなので、通常のカッターのように、手を切ったり荷物の中身を傷つけたりする心配もありません。子どもにも、安心してお手伝いをお願いできますね。

荷物の中身のビニールを開封したり、タグを切り取ったりするときは、もちろん通常のハサミとして使用可能。いちいちハサミとカッターを持ち替える必要がないので、スムーズに作業ができます。

ハサミは、クラフトテープをカットしてもベタつきにくい「3Dグルーレス構造」なので、梱包の際にも大活躍。例えば、引っ越しの荷造り・開梱作業にも「ハコアケ」はおすすめです。

「ハコアケ」があれば、玄関にまだ開けていないダンボールが山積み……、なんてこともなくなりそう。大量の宅配ダンボールが届いても、ラクラク開梱できちゃいますから。だからといって、買い物のし過ぎにはくれぐれも要注意ですよ!