毎日のお風呂掃除にうんざり。でも、やらないとカビが……と悩んでいる人に朗報です! 入浴しながら手軽にできる“防カビ”掃除。体を洗う感覚で、浴室もサッとキレイになる掃除法を家事代行サービス・CaSy(カジー)の積 裕子さんに教えてもらいました。

■ 【風呂上り直前】

入浴直後は、カビ発生の原因となる石けんかすと水分が浴室内に広がった状態。体と髪がキレイになって浴室を出るときは、壁&床の水分と石けんかすを取り除いて、浴室もササッとキレイに!

●1.壁の腰の高さから下に湯をかけ、そのあと水をかける

いすに座って体や髪を洗っていると、腰の高さより下に石けんかすが付着します。サッと湯をかけて洗い流しましょう。「仕上げには冷水をかけて。浴室を冷ますことで、カビの繁殖がぐんと抑えられます」。

●2.スクイージーで壁の水けを切る

浴室をびちゃびちゃのまま放置しておくと、蒸し暑い季節は、バクテリアやカビが発生しやすくなります。集中的に水をかけた腰の高さより下の壁を中心に、水けを切って。「ついでに鏡も水けを切っておくとピカピカになります」。

●3.スクイージーで床の水けを切る

床に残っている水けも、スクイージーで取り去ります。「おおまかでかまいません。サッとひと手間かけるだけで、カビ対策には大きな違いが出ます。タオルで拭くよりは手軽なので、ぜひお試しを!」。

●4.換気をする

「浴室内の温度を下げて水分を飛ばしたいとき、浴室乾燥機がある場合は『涼風』の『強』が最適です」。寝る前に「換気」に変更し、翌朝止めるのがベストですが、寝る前にドアを全開にしておくだけでもOK。

浴室から出る前の数分で、石けんかすと水分を取り除くだけ。これなら子どもが先に体を拭いている間に、ササッとできますね。大活躍のスクイージーは100円ショップでも入手可能なので、持っていないようなら早速ゲットして!