ネット上には、一般の人が考案した意外性のあるレシピが数多くあります。変わった食材の組み合わせや、普通は使わない調味料を使用した突飛なものも多いですが、中には「何で今までやらなかったんだろう?」と思ってしまうような絶品レシピも。ではネット上で話題になった“ネット飯”にはどんなものがあるのでしょうか?

■コーヒーでご飯を炊く!? 意外性あふれるネット飯

7月18日に放送された「キスマイレージ」(テレビ朝日系)でも“ネット飯”を取り上げました。まず最初に登場したのはプリンを使ったフレンチトースト。作り方は簡単で、食パンにプリンを潰しながら広げ、トースターで焼くだけ。出来上がった「プリンフレンチトースト」は焦げ目もついていて見るからに美味しそうです。実際に食べた麒麟の川島明は「これはホテルのフレンチトーストや」と大絶賛。ネット上では「噂には聞いてたプリンフレンチトースト。ちょっと二の足踏んでたけど、実物見たら相当美味しそう!」「そんなに美味しいならやってみたい」といった声がちらほら。

さらに番組ではコーヒーでご飯を炊く「コーヒーご飯」という驚きのネット飯も登場しました。作り方は、ご飯を炊く際に水の代わりにエスプレッソ系の濃いめのコーヒーを入れるだけ。ゴマ塩をかけて食べると美味しいそうです。ご飯とコーヒーとは意外な組み合わせですが、Kis-My-Ft2の宮田俊哉はひと口食べて「ウマッ!」と驚愕。「めっちゃ好きだ」と絶賛していました。

また番組では、かき氷の「サクレ」と炭酸水を合わせたカクテルや、蒸しパンに切れ込みを入れて焼くだけの「蒸しパントースト」などが登場し、「こんなの話題になってたの? すっごい美味しそう」「実際にやってみたけど、こんなにウマイとは!」とびっくりした人もいたようです。

■「考えた人天才!」ファン続出のレシピも

ネット上には、他にも意外なネット飯が数多くあります。その1つが「バター焼きあんまん」というもの。フライパンでバターを熱し、あんまんを軽く焼くだけ。かなり簡単ですが味は多くの人が太鼓判を押しており、「外がカリッとして中のあんがホクホク… 最高!」「これは罪深い味」といった声が続出しています。

またレンジでチンするだけの「無限ピーマン」も話題の1品。材料はピーマンとツナ缶、中華だし、塩、こしょう、ゴマ油だけ。切ったピーマンに調味料とツナを入れたらレンジで加熱して完成です。ネット上には「考えた人天才! 本当にご飯が無限に食べられる」「これ最強でしょ。美味すぎ」といった声が溢れかえっており、ファンは少なくありません。

簡単に作れるのに驚くほど美味しいネット飯。価格も手ごろな材料で出来るものが多いので、片っ端から試してみるのも楽しいかもしれませんよ。