雑誌『レタスクラブ』でもおなじみの食ブロガー・ツレヅレハナコさん。絶品おつまみレシピを生み出すキッチンとは、どんなキッチンなのでしょう? 実はパートナーのよしまるさんもかなりの料理上手だそう。そんな2人のアイディアが詰まったキッチンとは?

 

2人の料理好きのアイディア満載!

●あるべき所にしまう、“工具箱”をイメージした収納

自家製ベーコンを作るなど、料理もかなりの腕前というよしまるさん。キッチンには、ツレヅレさんはもちろん、彼のアイディアがいっぱいです。

「イメージは工具箱なんだそうです。道具一つ一つに場所が決められていて、使ったあとは、あるべき所にスムーズに戻せるように考えられているんです。そしてコンロの上にフライパン、調理台のそばにツールと、“つるす収納”も多用しています。手に取りやすいように位置も計算して取り付けてあります。

ホームセンターで購入した全ネジ棒や重い調理器具もつるせる強力吸盤など、パーツ選びの一つ一つにも具体的な理由があって、私も驚きました。何も考えなくても欲しいツールがすぐ目の前にある便利なキッチンなので、気がつくとどんどんお酒のつまみを作ってしまいます(笑)」

 

●全ネジ棒と吸盤、S字フックで長さも位置も自由自在のつり下げバー







全ネジ棒はホームセンターで約80cmにカットし、吸盤でつり下げている。「全部で22のツールが掛かっていますが、S字フックは道具の数だけにしておくと、片づけやすいです。全ネジ棒は手ごろで、ネジの溝がS字フックの滑り止めになるので、使い勝手が抜群です」。

 

<よしまるeye>

吸盤は中央を押すと空気が抜けて壁に密着するタイプを使用。「吸盤はケチらず良質なものを選ぶのがおすすめ。タイルの目地を避けてつけると、より耐久性が上がります!」。プッシュ式吸盤フック L 700円(編集部調べ)/レック



作業台の壁一面に掛かったキッチンツールが壮観! ツールにこだわれば、こんな立派&丈夫つり下げバーができるとは。ぜひ、まねしたいアイディアです。(レタスクラブニュース)