おいしいりんごが出回る時期。「そのまま食べるのは飽きちゃった…」とマンネリを感じた時は、料理に活用するのがおすすめです。そこで今回は、りんご×肉のメインディッシュ5選をご紹介。甘酸っぱいりんごが肉のうまみを際立て、おいしさの相乗効果が生まれますよ。

 

【牛焼き肉の野菜巻き】(302Kcal、塩分2.3g)

<材料・2人分>

牛ロース焼き肉用肉 12枚、たれ(りんごのすりおろし 小1/2個分、おろししょうが 小さじ1、おろしにんにく 小さじ1/2、しょうゆ 大さじ1と1/2、ごま油 大さじ1/2、塩、こしょう 各少々)、サニーレタス 8〜10枚(200g)、青じそ 8枚

<作り方>

1. たれをボウルに入れ、牛ロース焼き肉用肉を加える。汁けがなじむまでもみ込む。

2. フライパンを強めの中火で温め、油を引かずに肉を並べ入れる。1〜2分焼いて上下を返し、さらに約30秒焼く。

3. サニーレタス、青じそを肉とともに器に盛る。サニーレタス、青じそに肉をのせ、巻いて食べる。

すりおろしたりんごを加えたたれを牛肉にもみ込んでおくと、やわらかくジューシーに焼き上がります。甘辛い味わいで、晩御飯のおかずにはもちろん、おつまみとしても大活躍しそう。

 

【牛肉とポテトの重ね焼き】

蒸し焼きにしてとろけたチーズが絶品。牛肉は白ワインと塩、こしょうで下味をつけて、さっぱりとした口当たりに仕立てます。



 

【チキンのアップルソース】

カリッと焼いたチキンとほんのり甘いカラメルソースが意外にもよく合います。ルッコラも一緒に盛りつければ、彩り鮮やかな1品に。



 

【厚切りポークのおろし玉ねぎソース】

玉ねぎは繊維に沿ってすりおろすのがポイント。えぐみや辛みを抑えられて食べやすくなりますよ。



 

【豚とじゃがいものポットロースト】

ワインを1カップ使って蒸し煮にするので、風味豊かに仕上がります。器に添えたマスタードがよいアクセントに。



 

スーパーや八百屋では、ふじ、紅玉、ジョナゴールドなどさまざまな種類のりんごが販売されています。品種によって甘さや食感などが違うので、好みのものを見つけて調理してくださいね。(レタスクラブニュース)