今日はいよいよクリスマスイブ! 家族や友だちとのパーティにぴったりな、簡単に作れて見た目は豪華、もちろん味も二重丸なレシピをご紹介。

笠原将弘さんの名を取った、その名も「笠タッキーフライドチキン」は、弱火でじっくり下ゆでしてから揚げるので、短い揚げ時間でOK。

揚げものにつきものの「中まで火が入ってなかった……」といった失敗や、パサつきとも無縁です。外はカリッ、中はジューシーなフライドチキンを片手に、みんなで楽しいクリスマスパーティーを!

 

【笠タッキーフライドチキン】



<材料>(2〜3人分)

とり手羽元8本、下味(ガーリックパウダー、ジンジャーパウダー各小さじ1/2)、塩小さじ1/2、こしょう小さじ1/4)、ころも(片栗粉、強力粉各大さじ3)、塩、揚げ油



<作り方>







(1)手羽元は鍋に水1L、塩大さじ1とともに入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、約30分ゆでる。火を止め、そのまま置いてさます。

 





(2)手羽元を取り出し、ペーパータオルで水けを拭き取る。バットに入れて下味の材料をまんべんなくまぶし、約5分おく。





(3)別のバットにころもの材料を混ぜ合わせ、2にしっかりまぶしつけて、中温(約170℃)に熱した揚げ油で2〜3分、色よく揚げて油をきる。

(247kcal、塩分1.4g)(レタスクラブニュース)