「ハリス・ツイード」といえば、スコットランド生まれの伝統あるウール生地。

独自の製法のルールを定めている協会が存在する、世界的に著名な織物です。



そう聞くと堅苦しそうですが、上質でベーシックな生地は多くのブランドに愛されていて、【しまむら】でも、手袋やシューズ、バッグ、お財布などを買えると話題なんですよね。



素朴な風合いや暖かく耐久性のある「ハリス・ツイード」をこんなに身近に体感できるなんて、感謝♪



今回はそんな「ハリス・ツイード」のICカードが入るパスポーチをゲットしました。













しまむら◇リール付きパスポーチ 700円(税込み)





9cm×12.5㎝の手のひらサイズの、コンパクトなポーチです。

多彩な柄が特徴のハリス・ツイードらしく、豊富なカラーバリエーションがそろっていて、私はブルー系をチョイスしましたが、赤やブラウン系とかなり迷いました。









ポーチの後ろは、ICカードを入れる合皮とビニールのケースがついています。

しっかり奥まで差し込むと落ちにくい作りになっています。







ストラップは短めですが、長く伸びるリールがついているので、カバンにつけたまま片手でパスをタッチして、改札を通り抜けられます。

片手が荷物でふさがっているときなど、この伸びるリールって、とっても便利なんです。







実はこれは、かばんをいつもガサゴソしている母へのプレゼント。



地下鉄に乗るときに「カ―ドが見つからない!」と慌てていることがあるので、失くさないように&そのまま改札を通れるようにと買いました。





ファスナーのついた部分は、ポイントカードを入れるのにぴったりですが、おそらく母の場合は、ガラケーの携帯電話の収納場所になりそうです。









母は「らくらくフォン」を使っていて、携帯が鳴るたびにかばんをガサゴソ探していたのですが、それももう卒業!



母の携帯が偶然ぴったりだったのも、購入する決め手になりました。

※普通のガラケーは入らないようなのでご注意ください



母にICカードと携帯電話を入れて使い方を説明すると、「あら便利ね〜」と喜んでくれました。



ツイードの生地は、母の世代だと婦人服のジャケットなど高級品のイメージがあるらしく、それもうれしそうです。



地下鉄や電車に乗る直前、ICカードを探す方、「ハリス・ツイード」の手触りが懐かしい方、どちらの方も「しまむら」なら、とてもリーズナブルに素敵なパスポーチが手に入ります。

いいものを大切に長く使いたい方、ぜひ「ハリス・ツイード」をチェック。品薄だったので早めにゲットしてくださいね。







文=ポテコ(レタスクラブニュース)