ニューノーマルなライフスタイルが定着しつつある今、自宅で過ごす時間をより豊かにしてくれるアウトドア家具の需要が高まっている。デザイン性や快適性はそのままに、屋外使用に適したさらなる耐久性を備えるアウトドアコレクションの中から、選りすぐりの家具を紹介する。

ニューノーマルなライフスタイルが定着しつつある今、自宅で過ごす時間をより豊かにしてくれるアウトドア家具の需要が高まっている。デザイン性や快適性はそのままに、屋外使用に適したさらなる耐久性を備えるアウトドアコレクションの中から、選りすぐりの家具を紹介する。

1959年イタリア・メーダで創業したラグジュアリー家具ブランド「FLEXFORM(フレックスフォルム)」。デザイン界の巨匠として名をはせるアントニオ・チッテリオが、40年以上にわたってデザインとブランドの監修を務め、エレガントかつモダンな世界観を表現し続けているイタリアを代表するブランドだ。

熟練の職人の技術と最高品質の材料が融合することで実現した、圧倒的な快適さを備えるプロダクトの数々は、世界のセレブリティたちを魅了し続けてきた。特にソファは極上の座り心地で知られ、世界各国のブルガリ ホテルズ&リゾーツをはじめとする名だたる星付きホテルにも採用されてきた名品がそろう。

2019年に発表された同社のアウトドアコレクションは、インドアコレクションが持つタイムレスなエレガントさや圧倒的な快適性はそのままに、屋外使用を考慮した素材づかいや製法によって、さらなる耐久性を備える。

今回紹介するのは、予想外の素材の組み合わせがユニークなソファ「ANSEL SOFA(アンセルソファ)」。

ツヤのあるステンレススチール製のベースに、木目が美しく耐久性が高いイロコ材のすのこを組み合わせたアームレストとバックレストは、重厚なたたずまいとステンレススチールの軽やかさが見事な調和を織り成す。

ステンレススチールは、耐候性に優れる晴れやかな色みのエポキシ樹脂でパウダーコーティングされ、弾力のあるウェービングテープは、耐摩耗性に優れるクラッド鋼で仕上げられており、美しいたたずまいながらもアウトドアシーンにふさわしいタフさも備える。

もちろん、極上の座り心地も健在だ。グログランテープの縁取りがエレガントな装いを醸すやわらかなクッションは、座るものを優しく受け止め、深くリラックスさせてくれる。

クッションとバックレストの間に置かれたボルスターは、見た目の美しさだけでなく、快適さにも一役買っている

また奥行きは84㎝、124㎝の2種類、シートは2シートまたは3シートの2種類がそれぞれラインアップされており、自分の使用スタイルに合わせて選ぶことができる。

アウトドアファニチャーのイメージを覆すようなエレガントな雰囲気を醸すアンセルソファは、室内と室外をシームレスにつなぎ、ライフスタイルをより豊かに変えてくれるだろう。

アンセルソファ
W275×D84×H68(SH40)cm
209万9900円

FLEXFORM
https://www.flexform.jp

イタリアの高級デザイン家具ブランドとして名高い「B&B Italia」。長きにわたり、アントニオ・チッテリオ、マリオ・ベリーニ、ガエターノ・ペッシェなど、世界的に有名なデザイナーや建築家とパートナーシップを築き、ハイエンドなイタリアンデザインを世に送り出してきた。2020年には、新たにイタリアの建築家 ピエロ・リッソーニがアーティスティックディレクターに就任し、歴史に新たな1ページを刻んだ。

今回紹介するのは、そんなイタリアの建築家 ピエロ・リッソーニによってデザインされた新コレクション「Borea(ボレア)」。飛行機のデザインやディテールからインスピレーションを得てつくられた屋外用チェアとテーブルからなるまったく新しいコレクションだ。

大きな特徴とも言えるのが、航空機の分野で採用されている金属を曲げる技術を応用したという管状の金属構造。継ぎ目のないなめらかなディテールは、他のアウトドアファニチャーにはない繊細さを醸し出す。

中でも目を引くのは、しま模様の張り地が遊び心をくすぐるアームチェア。一見、アウトドア家具とは思えないモダンなたたずまいだ。

全身を委ねられる、ゆったりとしたサイズのアームチェアは、やわらかな座り心地が特徴。クッションのパディングには、ペットボトルをリサイクルしたポリエステル繊維が採用されており、1脚に1,500mlのペットボトルが280本分使われている。

リサイクルされた、あるいはリサイクル可能な素材を採用することに加え、家具としての役目を終えた際には分解し、処分できる素材が使用されている。そういう自然環境に配慮されたプロダクトであるという点もうれしい。

ボレアコレクションには、他にもソファやチェア、テーブル、スモールテーブルなど多彩なプロダクトがそろう。

グリーンにも映える小粋で華やかなデザインは、自宅の庭やベランダの印象をガラリと変え、自宅でのリラックスタイムをより上質に変え、かつ盛り上げてくれるはずだ。

ボレア アームチェア
W108×D88×H68(SH37)cm
3脚までスタッキング可能
81万6200円〜

B&B Italia Tokyo
https://bebitalia.co.jp

1970年代初めより常にトレンドをけん引し、デザインシーンにおいて確固たる地位を築いてきた「LIVING DIVANI」。1989年には、イタリアの建築家 ピエロ・リッソーニをクリエイティブディレクターとして迎え、新たな住環境のあり方を世界へと発信し続けてきた。

近年では、各国の若手デザイナーを積極的に登用する一方で、60年代初頭から90年代に世界的に活躍した日本のインテリアデザイナー 倉俣史朗氏のデザインも復刻するなど、さらに活動の幅を広げている気鋭のブランドだ。

知性、フォーマル、ニュートラル、ダイナミズムのバランスの妙が織り成す、デザインの本質と人間工学的な快適性を兼備するプロダクトは唯一無二。コレクションは、ソファやラウンジチェア、テーブルのみならず、ナイトタイムエリアやアウトドアコレクションなど多岐に及んでいる。

今回紹介する「FROG OUTDOOR(フロッグ アウトドア)」は、1995年にピエロ・リッソーニによってデザインされた象徴的なプロダクトを現代に合わせてアップデートしたもの。

発売当時の低くて広いプロポーションはそのままに、軽さや座り心地、多目的の可能性をさらに追求。ナチュラルな印象のPVSコードとクールな印象のクロームフレームを組み合わせた、完璧なバランスを持つラウンジチェアとして生まれ変わった。

美術品のようでありながらも椅子としての機能もしっかりと併せ持つ、機能美を宿すモダンなたたずまいは、屋外でのワークタイムやリラックスタイムの質を格上げしてくれるだろう。

フロッグ アウトドア
W80×D90×H72(SH36)cm
43万5600円

INTERIORS inc.
https://www.interiors-inc.jp

デザイン性と快適性を兼ね備えた美しきアウトドアファニチャーは、日常をより豊かに彩ってくれるはずだ。この機会に、お気に入りの一脚を探してみてはいかがだろうか。

Text by Kaori Kawake(lefthands)