好調をしっかりと継続して7位タイ 初めて連続トップ10からマスターズへ

 ここ数年、「バレロテキサスオープン」を戦ってマスターズトーナメントへと向かうスケジュールが松山英樹の定番となっており、今年もそれは変わらない。悲願の初メジャー制覇を果たした2021年もそうだった。前2週のオフにおける練習とトレーニングでは身体に痛みが出たということだが、一方でショットは、「かなり良い状態だと思います」と、松山にしては珍しく高い自己評価。今大会はもちろん、マスターズに向けても期待が高まる。

 初日は、その言葉とは裏腹に、8番パー5からの3連続バーディーに対してボギーも4つ数え、1オーバーの80位タイ(首位と10打差)と、やや低調な滑り出しとなった。ただ、この結果は、休みの間に調整してきた部分を、実戦の場で“答え合わせ”してみたが、少しだけ違っていたというようなものかもしれない。松山も、「ショットもパットもショートゲームもすべてが、自分の思っている状態とは違ったという感じですね」とホールアウト後に語っている。ここからさらに微調整を加え、完全な状態にしていければ問題はない。

 2日目も、「やってはいけないミスが多々出ている」という内容で万全とはいかなかったが、それでもきっちり予選カットラインを乗り超えてきたのはさすがだ。10番からスタートしてボギーが2つ先行したものの、28ヤードのバンカーショットを70cmに寄せた14番のパー5を手始めに、18、5、6番と4つのバーディーで挽回。なかでも5番は、花道から6ヤードの3打目を入れたもので、今大会では、ダブルボギーを回避した初日の17番の5打目に続く2つ目のチップインだった。通算1アンダーで34位タイ。トップとの差は初日と変わらず10打だが、10位タイにはわずか2打差だから、上位進出は充分に狙える。

 松山の好調さが大きな結果となって表れたのは、3日目だった。1番で138ヤードの2打目をピン左1.5mにつけてバーディー発進。パーオンを逃した3番からの3ホールを凌ぎ、8番パー5で87ヤードの3打目をピン左2m強に絡めて2つ目のバーディーを奪うと、後半9ホールはさらに加速した。12番では、95ヤードの2打目がピン左1m強。圧巻は、14番パー5だった。275ヤードの2打目を左に曲げ、43ヤードの低く打ち出した3打目はグリーンに届かず。しかし、左ラフからやや下りとなる14ヤードの4打目は、ボールの下にヘッドを潜らせて勢いを削ぐ絶妙なアプローチとなり、初日、2日目に続く3つ目のチップイン。「たまたま入ってくれて良かったなと思います」と、本人は控えめな評価だったが、勢いに乗って、短い設定の17番パー4、18番パー5でもスコアを伸ばし、この日のバーディーは6つを数えた。ボギーはゼロで、この日のべストスコアタイとなる6アンダーをマークし、通算7アンダー。順位は、トップと8打差の4位タイにまで急浮上となった。

 「状態を上げることだけが大事だと思います。後半に入って勝負をかけられる所にいたら、うれしいですけどね」という思いで臨んだ最終日。いきなり1番から、スーパーな1打が生まれた。グリーン奥のバンカーから18ヤードの3打目。強烈な前下がりで、ピンはグリーン奥ということで、寄りそうにもない状況だったが、松山が放ったボールは1バウンドした後にカップイン。思いがけないバーディー発進を契機に、松山はその後も多くのチャンスをつくった。2番パー5、3番パー3ではともにピンから4m強につけながらパー。2つ目のバーディーは、5番で5m弱のパットを沈めナイスパーセーブとした直後の6番でやってきた。右ファーストカットから119ヤードの2打目が、ピン右手前2.5m。さらに8番パー5でも、2.5mのバーディーパットを決めて通算10アンダーとし、順位も単独3位に。

 しかし、続く9番の1打目を左に曲げ、3.5mのパーパットも外して初ボギーとした所から、松山の波は止まってしまった。後半は、10、16番でボギーを叩き、バーディーは1打目をピン左1.5mにつけた13番パー3のみ。12番では、102ヤードの2打目がカップの左端に直接落ち、ピンに弾かれて左ラフに入る不運もあった。「良いプレーが出来ればと思ったんですけど、なかなか思うようにいかなかったです。ショットもパットもアプローチも全部ダメです」という18ホールを終え、前日から1打伸ばしただけの通算8アンダー。「今のままでは大変な思いをすると思う」と、マスターズに向けても松山の見立ては辛口だった。

 ただ、それがいつもの松山と言うことも出来る。加えて、今大会の順位は7位タイ。自身2戦連続トップ10からオーガスタに向かうのは、これまで一度もなかった展開だ。
「しっかりと良い準備をして、良いプレーが出来るようにしたいなと思います」
 あと少しの修正しなければならない部分は、もう充分にわかっていることだろう。開幕まで残り3日間。2度目の制覇に向けて、最後の詰めの作業に力が入る。

通算スコア:-8
順位:7T