以前、私は司書をやっていました。

新聞記者や、出版業の市場調査員だったこともあります。

その後、親になりました。

「子育てが一番の使命です」と言えるようなライフステージにいるのは幸せですが、昔の仕事環境で恋しく思うこともいくつかあります。

たとえば、

自分のためだけに活動できる自由仕事の目標を達成したというわかりやすい成功他の人とダイナミックに協力しあうこと

などです。

そして、以前仕事で感じていた情熱や熱意は取り戻すことができるのではないか、と思うようになりました。

そう考えれば考えるほど、特定の仕事の戦略を子育てに応用するのは理にかなっていると思うようになりました。

今回は、仕事の戦略を子育てに応用する方法を紹介していきましょう。

1.優先順位と目標を明確にする

家族のマネージメントというのは、自分と配偶者と子どもの気持ちをマネージメントするということです。

作家のMargaret Lobenstineは著書『The Renaissance Soul』の中で、雑多な欲求の中でどれに注目するかを見つける方法を教えています。

最初に、家族で価値観や優先順位を決めるということです。さらに具体的に言うなら、自分たちにとってもっとも重要な理想を3〜5つ決めることです。

そこから、自分が注ぐエネルギーがその価値観や優先順位に見合ったものかを測ることができます。

次に、具体的な目標が必要です。個人の成長や仕事の方針に目標が効果的に機能するのと同じように、目標は家族を導くのにも重要です。

たとえば、私の家にはクローゼットのスペースが潤沢にありますが、整理整頓する基準がありません。家族の日々のストレスを軽減すると思ったので、クローゼットを片付けることが我が家の目標になりました。

2.仕事をする日時を決める

子育てを仕事のようにやっていると、仕事がいつまでも終わらないのではありませんか?

家の外で働いている人は、定時を一つの目安にしているのではないでしょうか?

子育ても同じようにしましょう。子どもに手がかかるうちには、完全に子育てという仕事から離れることはできませんが、意識して態度を変えることで、子育てという“業務”から離れられます。我が家では、毎晩7時には就寝モードに移ります。

ToDoリストは脇に置いて、ただ静かにリラックスできることだけをやるようにしています。

家以外のところでの活動も時間をわりときっちりと決め、9〜17時以外には約束も塾も、子どもの遊ぶ約束も制限しています。

時間を過ぎても働くと、全員が不機嫌になりストレスが溜まるだけです。

3.仕事の境界線を決める

米Lifehackerのシリーズ「Human Resource」のコラムニストRob Walkerは、最近オープンオフィス(仕切りのない開放的なオフィス)で仕事をはかどらせることについて書いていました。

自宅が仕事場でもある人は、Walkerのアドバイスにしたがってみてはいかがでしょうか。

ヘッドフォンをする(邪魔して欲しくないという合図を家族に送る)。口頭で境界線を区切る。配偶者や子どもに「今週の予定を立てるのに電話をかけなきゃいけない。15分だったら話を聞くことができるよ」と伝えましょう。歩み寄る。同僚と働くのと同じように、家族間でも交渉することでうまくいくことはあります。精神的に落ち込んでいる時は、電話をかけ直すことができないこともあると伝えましょう。

4.賢くスケジュールを決める

特定の日数やまとまった時間を、特定のタスクに充てましょう。私はこのテクニックを、自分のフリーの仕事を家庭のマネージメントの両方に使っています。

事前に計画すれば、似たような作業はまとめ、生産的に作業することができます。

5.話をよく聞く

ビジネスや心理療法では、話をよく聞くこと(傾聴すること)が本当に大事です。

たとえば、相手が熱心にあなたの話を聞いている時に、あなたが話すのをやめるとします。

相手が黙っていて間を埋めない場合、あなたはもう少し話します。何もしないことで、相手はあなたからさらに多くの情報を引き出したのです。

これは子どもにも通用します。『Simply Said』でJay Sullivanは効果的なコミュニケーションについて書いています。

アイコンタクトや自由回答形式の質問をするのは、Sullivanが“エグゼクティブ・プレゼンス”と呼んでいるものの大事な一部です。

今度、子どもがその日にあったことを話すのを渋った時は、“エグゼクティブ・プレゼンス”を使えば、子どもの心を開けるかもしれません。

このようなアクションプランを使えば、子育てライフがより明確でしっかりとした体制になると思います。

あわせて読みたい

子どもに化粧品を触らせてはいけない、絶対に|育児ハック どの家庭でも薬品は、小さな子どもの手の届かないところに保管していると思います。しかし、化粧品も子どもには危険なことがあります。化粧品で子どもが重傷を... https://www.lifehacker.jp/2019/07/why-you-need-to-keep-cosmetics-away-from-your-kids.html 子どもの成長は柱ではなく「メジャー」に記録しよう|育児ハック どれだけ背が伸びたか柱に記録するのは、子どもの頃の恒例の儀式みたいなものです。お母さんやお父さんが自分の頭の上に線を引いて、その日の日付を書く時は、... https://www.lifehacker.jp/2019/07/track-your-kids-milestones-on-a-tape-measure.html

Image: Bahau/Shutterstock.com

Source: The Renaissance Soul, Simply Said

Anna Lee Beyer - Lifehacker US[原文]