より大きな収入がどれほどの幸福をもたらすかについて、具体的なコンセンサスはありません。

ある程度以上になると、さらなる財源の追求はお金についてではなく、それが象徴するものになるかもしれません。しかし、それはいったい何なのでしょうか? そして、野心と満足を両立させることは可能なのでしょうか?

私は財務セラピストのLindsay Bryan-Podvin氏に、個人が自分にとって「十分」をどのように定義し、経済生活のバランスを見つけることができるかについて話を聞きました。

「もっと」が必ずしも「もっと良い」とは限らない

経済的な 「十分さ」が、人生のストレス要因のすべてを解決してくれると考えるのは自然なことです。

「多くの人にとって、銀行口座や純資産は、私たちが自分の価値を測る方法を視覚化したものです」とBryan-Podvin氏は説明します。

私たちが本来持っている価値を数値化するのはとても難しいので、私たちはしばしば、銀行口座の桁数や退職金の残高、あるいは資産の価値と同一視するのです。しかし、自己評価に数値を割り当てることはおすすめできません。

幸福において「もっと多い」が必ずしも「もっと良い」とは限りません。

そうBryan-Podvin氏は話しています。

Bryan-Podvin氏は、年収が70,000ドル(1000万円程度)を超えると、追加の収入によって幸福度が増加しないと結論づけた(疑わしいとされている)研究があることについても指摘しています。

それにもかかわらず、幸福に関しては、多くの人がもっとお金があれば特定の良いことが起こるだろうと信じているのです

Bryan-Podvin氏は、彼女の財務セラピーの実践で見られる考え方のいくつかの例を挙げています。それは、「もっとお金があれば、健康になるだろう」とか、「もっと稼いだら、友達の輪が広がるだろう」といったものです。

しかしBryan-Podvin氏はこう主張します。

個々の人が金銭よりも十分なものを持っていると、彼らはより大きな幸福感を経験する傾向があります。

それは必需品をカバーする以上のことであり、人生の小さな贅沢を楽しむこと、外食、旅行、そして私たちの満足な生活をサポートする快適さを楽しむことに関係しています。

経済生活において「十分」をどう定義するか

「十分」という言葉が個人にとって何を意味するかを考えるには、自分の価値観や優先順位にフォーカスし、これらを財政の目標と入れ替える必要があります。

Bryan-Podvin氏は、まず自己評価を財政から切り離すことからはじめることを提案しています。

その切り離しを実践するために、「私は自分が持っているものや所有しているもの以上の存在である」とか、「純資産は私という人間を定義するものではない」と書いたり言ったりするといいでしょう。

またウェルネスのほかの領域(身体的、感情的、環境的、職業的、社会的、自己成長/知的、スピリチュアル)を評価し、実際に手をつける必要がありそうなものを確認してください。

そして日記をつけ、個人的に「十分」が何を意味するかを反映させます。

ある人にとっては毎月のディナー・デートかもしれないし、ある人にとっては子供のサマーキャンプの費用を全額払えるということかもしれません。

それから、その「十分さ」に関連する実際のコストを計算します。これは、クリエイティブになる方法でもあります。毎月デートをする余裕はないけれど、交互に料理を作り合う「おうちデート」に興味を持ってくれる友人がいるかもしれません。

最後に、財政の中で「十分」を定義するには、現在の支出習慣を理解する必要があります。年間の支出を計算し、余裕を持たせる(おそらく10-20%)ことで、収入を増やすか支出を減らすためにできることを見てみましょう。

基本的なニーズが満たされたあと、余分なお金は必需品ではなく欲望に使われる傾向があります。贅沢なバケーションや高級な車、高価な家から得られる幸福は、目標の追求、人間関係、コミュニティから得られる幸福よりも持続性が低いと言えます。お金で多くのものは買えますが、意味は買えません。

幸福に必要な金額は、個人の目標、価値観、ライフスタイルの選択に大きく依存します。

物やステイタス・シンボルとなるようなアイテムを蓄積することよりも、有意義な関係を築き、目標を追求し、寛容さを育むことに焦点を当てることが、おそらくお金を幸福に変える最良の方法です。

適切なバランスを取るには、何が自分にとってもっとも重要かを考えることが必要です。

幸せな人たちが実践している10の習慣 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/10-proven-habits-of-happy-peopl-1/

幸福度が自然と上がる「人生設計書」の書き方 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2401if-you-want-to-be-happier-you-should-write-a-life-brief/

Source:cnbc, mindmoneybalance, pnas