PCの壁紙はお気に入りのものを使っていても、問題が1つあります。

それは、見栄えがしない白いタスクバーが壁紙の一部を覆い隠していたり、ヘタすると壁紙を台なしにしてしまっていることです。

でも、オープンソースの無料アプリTranslucentTBなら、その問題を解決できます。数回クリックするだけでタスクバーをカスタマイズできるんです。Microsoft StoreかGithubからダウンロードすれば、すぐに使えますよ。

【今日のワークハックはこんな人におすすめ!】

  • Google系のサービスをメインで使用している人
  • インターネット環境のない場所でも仕事をしたい人

今日のワークハック:Windowsのタスクバーをカスタマイズして壁紙を見栄え良くする

Screenshot: Justin Pot via Lifehacker
  1. TranslucentTBのアイコンをクリックする
  2. デスクトップ(Desktop)」のサブメニューからエフェクトを選択。

Windows 11ユーザー向けには、4つの異なるエフェクトがあります。

タスクバーをデフォルト表示する

デフォルトの「通常(Normal)」を選ぶと何も変更されず、Windows 11のデフォルトのタスクバーが表示されます。

Sceenshot: Justin Pot via Lifehacker

タスクバーにカラーを入れる

2つ目のエフェクトはタスクバーを単色にする「不透明(Opaque)」です。同じメニューの「アクセントカラー(Accent Color)」オプションを使って色を選ぶこともできます。下の画像は、私が選んだ青です。なぜかあまりきれいでない色を選んでしまいました。

Sceenshot: Justin Pot via Lifehacker

タスクバーを透明にする

3つ目は、タスクバーが存在しないかのように見せる「透明(Clear)」。フローティングアイコンは残ります。

Screenshot: Justin Pot via Lifehacker

タスクバーをぼやかす

4つ目は、私が個人的に気に入っている 「アクリル(Acrylic)」です。これはタスクバーにぼかした透明感を与えます。

Screenshot: Justin Pot via Lifehacker

タスクバーをさらに上手にカスタムする方法

いろいろなオプションがあるので、微調整する余地があります。

たとえば、「透明(Clear)」設定は、ウィンドウがすべて非表示のときはかなりいい感じですが、壁紙が一面のときはおかしく見えます。

また、ウィンドウが開いていないときだけタスクバーを透明にすることもできます。その場合は、「デスクトップ(Desktop)」のサブメニューで「透明(Clear)」を選び、「Visible Window(ウィンドウ表示)」のサブメニューでは別のものを選びましょう。

ウィンドウが最大化されているときだけ透明度が気になるなら、「ウィンドウ最大化(Maximized window)」のサブメニューで「透明(Clear)」以外の設定をしてください。

ほかにも設定可能なサブメニューがいくつかあり、スタートメニューや検索メニュー、タスクビューを開いているときに特定の見た目を設定できます。

PCをもっと自分好みにカスタマイズしたいとき、TranslucentTBは短時間で好みの設定ができるアプリです。うまく設定できるとPCを使うのが楽しくなりますよ。

今日のワークハック記事をもっと読む

連載「今日のワークハック」では、仕事が速く効率的にこなせる!ツール・アプリ・OSのショートカットや使い方、アイデアをお届けします。

Windowsの最新アップデートに注意!Wi-Fiトラブルに気づいたときの対処法 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2401-windows-11-update-breaks-wi-fi-heres-how-to-fix-it/

Windowsのペイント、ついに画像生成AIを搭載。その名も「Cocreator(コクリエーター)」 | ライフハッカー・ジャパン https://www.lifehacker.jp/article/2402-how-to-create-ai-art-in-microsoft-paint-with-cocreator/

Source: TranslucentTB, Microsoft Store, Github