職場であまり関心のない仕事をしなければならない状況は誰にでも起こりうることです。いずれにせよ、誰しもいつかは仕事を辞める日が来ます。新しい仕事を見つけた場合でも、クビが近いことを感じた場合でも、美しい去り方をしたいものです。

印象が良い辞表の書き方

最悪の職場で、たとえ火をつけて去りたいと思っても、辞表は礼儀正しく書きましょう。筆者はここ数年、世間の狭さを痛感しています。専門性の高い仕事をしている場合はなおさら。

悲しいかな、最悪の上司や最悪の仕事は、今後もあなたの人生に付きまとうのです。10年後に転職した会社の上司が、今の最悪の上司と旧知の仲かもしれません。あるいは、10年後には最悪の上司がいなくなり、今の会社に戻りたいと思うかもしれません。上司の在籍は一時的ですが、あなたの人事考課は永遠です。未来の自分のためにも、会社に汚点を残して去るのは避けたほうがよさそうです。

ですから、辞表はシンプルに数行にまとめましょう。その会社で過ごした時間に対するポジティブなコメントを1、2行で書き、次に退職希望日を記します。

スミスさん

Acme Inc.では、楽しい時間を過ごすことができました。特に、「whoopee cushion」部門での数年間はとても充実していました。しかし、新しい仕事を得る機会があり、退職しなければなりません。最終日は8月31日になります。来月いっぱいは、後任者探しと引き継ぎに努める所存です。

サリー

ここでは、恨みつらみをぐっとこらえてください。できるだけ短く、優しく、要点をしぼって書くことです。いなくなるのですから、悪いことはもう大した問題ではありません。

最低でも2週間前に

いきなり上司をつかまえて辞表を叩きつけて去るなんてことはしないように。それまで会社に尽くしてきた努力が水の泡になってしまいます。どんなにひどい職場でも、辞表を出してから2週間は残ることを提案しましょう。上司によっては、すぐに辞めていいと言うかもしれません。でも多くの場合、後任者探しと引き継ぎの時間が必要です。

今の職場への思い入れが強いなら、1カ月以上前に辞表を出すか、上司とよく相談しましょう。契約書に明記されている場合もあります。とにかく、あなたがいなくなっても会社が困らないようにすることが大切です。

すぐに去れる準備を

辞表を出す日は、最後の日になるかもしれない覚悟でいてください。慰留される場合もありますが、雇用主の怒りを買って、あるいは新しい職場に向けて勉強する時間を取りなさいと、その日のうちに退職なんてこともあるかもしれません。

辞表を出す前にデスクを片づけるのは不自然ですが、すぐに追い出されてもいいようにメールやファイルなどのバックアップは取っておいたほうがいいでしょう。会社のコンピューターを使っているなら、個人的な写真やファイルは削除しておきます。上司の愚痴を書いた同僚とのチャットなども忘れずに消してくださいね。そうしておけば、その場で追い出されることになっても大丈夫。安心して辞表を(礼儀正しく)叩きつけに行きましょう。

How to Resign From Your Job | Lifehacker US

Image: Artem Oleshko/Shutterstock.com

Source: Lifehacker US