「Lungo」は指定した時間Macをスリープにさせないアプリです。普段は10分放置させるとスリープに入るようにしているとしましょう。プレゼンテーションをする際など、特定の場面においてもう少しスリープまでの間隔を伸ばしたいときに便利なアプリです。

Screenshot: カメきち

Lungoをインストールして起動すると、このようにコーヒーカップのアイコンがメニューに並びます。アイコンをクリックすると、時間が表示され、その時間はMacをスリープにさせないようにできます。Macのスリープ時間を一時的に伸ばしたいときにぜひご活用ください。

Image: Lungo

Source: Lungo, iTunes